小井土院長ブログ

その時までは不安でもあり、いつくるか気になる陣痛緩和に鍼灸治療はいかがですか

辻内 敬子 2020年01月17日

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

せりえ鍼灸室には、妊婦さんがたくさん来院されています。腰痛や肩凝り、静脈瘤、逆子、予定日超過、お腹の張り感の緩和など、さまざまです。

0001

そのうちの一つが、予定日近くなってくる不安、陣痛を想像して不安になってくる、など、緊張感でも来院されています。

予定日近くなって来た妊婦さんに、妊婦さんのための安産のお灸教室や、はり灸治療中に、気になることはなあに?と聞いてみると、予定日近くに感じる不安は、お産の痛みに関するものが一番多いと思います。

「陣痛きたらどうしよう」、「いつくるのかしら陣痛は?」、「そのときの痛みはどの位?、私に耐えられる?」、などです。

陣痛という、痛いと聞いている、知らない世界を想像して恐怖感を抱いているようです。

お産本や先輩妊婦さんから、怖い話しか出てこないということがあるのでしょう。

不安を大きくせずに、赤ちゃんとの幸せを想像してください。

何もしらないで不安に向かっていくよりは、お産のすすみ具合や、次はどうなるかと、進行を知っていることはかなり不安を和らげるはず。そのあたりの知識は大事ですが、先輩の話や本、想像に振り回されてはいけませんよね。

お産の進み方は、人それぞれ。赤ちゃんの大きさ、陣痛の強さ、お母さんの体力、気力、骨盤の大きさ、などの条件と、その時の具合でも違ってきますね。

「産まれてくる赤ちゃんとの楽しいご対面をイメージ」することが良いと思います。

陣痛が来るぞ、と、どきどきしたら呼吸、イメージ、

さらには、はりやお灸がもつリラックス効果も取り入れてみてください。自宅でできるお灸もすすめているのは、自律神経を整え、不安の緩和につながると思います。

つぼ療法、お灸をどうぞ!

赤ちゃんの鼻づまりにはマッサージをしてみましょう

辻内 敬子 2020年01月17日

32img_0

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

赤やんのくしゃみ、鼻水、鼻づまりは、
風邪を引いていなくてもよくあることです。

鼻の穴が小さくて、鼻づまりしやすい状況なのです。
だから、鼻づまりも心配し過ぎないでね、

鼻水がでている場合には、気温の変化に対応しているか、風邪でしょうか。

そんな時には、赤やんに風があたっていないか、風邪ひいたのかなど確認してください。

心配するよりは、手足や背中のマッサージをするのもおすすめです。

赤ちゃんの鼻の脇を、指をそっと置く程度の力で、

くるくるマッサージするものおすすめです。強すぎないようにすることが大切です。

七草がゆは食べましたか?

辻内 敬子 2020年01月11日

こんにちは せりえ鍼灸室のツジウチです。

正月休み明けの胃袋を休ませるためにも、7日というよい日が巡ってきましたね。

胃袋の状態はいかがでしょうか?

私はすごし食べすぎ、飲みすぎたようです。

腹八分に医者いらず!ですね

体が重くなっているときには、胃腸のことも振り返ってみましょう。

せりえ鍼灸室では、そんな胃もたれ、胸やけ、便秘や下痢などの胃腸症状もご相談に応じています。

20180909_212837.JPG

今年は長いお休みの方が多かったようですね。

お正月は、実家で親戚一同が集まって過ごされた方は、お節料理を召し上がったことでしょう。

お節料理を食べるよりも、家族で、焼き肉、お寿司、などを食べに行ったという話題も少なくありません。

お正月にお雑煮をたくさん食べましたが、七草がゆも寒いこの時期、おいしいですね。

写真は、ベトナムのフォーです。野菜も多く、食べやすそうですね。

 

 

 

新年おめでとうございます

辻内 敬子 2020年01月04日

新年おめでとうございます

2020-00025-1s

せりえ鍼灸室は院長はじめスタッフ一同、皆様の健康と癒しに貢献したいと思います。

本年2020年もどうぞよろしくお願い致します

腰痛や肩こり等の痛みだけではなく、

内臓疾患やがん術後、産後の疲労、逆子やつわり

不妊等にも、サポートできるように取り組んでいます。

気になる症状等がある方も

メンテナンスの方もお問い合わせください。

本年も、頑張ります。

 

 

お腹が張っているのは便秘ですか?妊娠かもしれませんよ!

辻内 敬子 2019年12月19日

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

いつも便秘気味のFさんは、ころころ便がでるタイプだそう。
そんなFさんが妊娠に気が付いたのはすでに5ヶ月。

月経が遅れたいるときには、妊娠も疑いましょう!

e3d9aa6b

「便秘なんです!」と言って、お腹をバンバン叩いて、「早く出てこい、私のうんOちゃん。」

そんな感じで日々を過ごしていたそうです。

月経は?と聞いたところ、「ありましたよ。しっかり」という。

どんな、月経でした?

「月経があったと思ったら、早く来たようでまただらだらと月経が続いていました~

その後ないんですよ。生理不順ってやつなんですね」なんて言ってます。

なんと、それは不正出血でした。

まさしく切迫流産傾向を乗り切って、妊娠5ヶ月で気がついたFさん

お腹を叩かれても、便に押されても、赤ちゃんは元気に育っていました。

しっかりお腹に入っているものは、うんOちゃんだけでなく。

お腹の赤ちゃんもしがみついているようです。

だから、これも運命ですね。

良かった!

便秘、月経が遅れている、などは

自分が妊娠しているということもあります。

身に覚えがない、というのは無しにして、妊娠したかも?という気持ちをもってのぞみましょう。

お腹の赤ちゃんと自分のためにも!

funin 2

診療時間一部変更のお知らせ

辻内 敬子 2019年12月18日

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

さて、皆さまからのご要望にお応えし、火曜日と金曜日の診療開始時間を、

試験的に10時から18時に変更します。つきましては、18時からの診療が可能になりましたので、ご利用いただければ幸いです。

仕事が終わってからの来院も可能になりました。

また、土曜日も平常通り営業しています。

メンテナンスで体も心も快適に!

yagito

mini-moxa-stick-therapy-royalty-free-image-1572514979

冷えが気になる季節になりました冷え対策はお灸も取り入れて!

辻内 敬子 2019年12月18日

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

寒くなってくると「冷え」が注目されます。

冷え対策には、いろいろありますが、生活習慣から予防していくこと、

そして、私たちはお灸やはりを薦めています。

冷え対策本をたくさん出版されている、川嶋明先生とご一緒したのは、

雑誌の企画で、冷えを東西医学から考えるというものでした。

その後、昨年東大で行われた現代医療臨床鍼灸研究会で、冷えのテーマで開催された時にもお会いしました。

DSC_0304

冷え対策としてのお灸は、妊活お灸、お灸のすすめなどにも掲載しています。

5148eNXNhuL__SX354_BO1,204,203,200_

ご覧ください。

また、本格的に対処しようと思うときには、鍼灸院へお出かけください。

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

大阪母性衛生学会学術集会参加中

小井土 善彦 2019年12月15日

大阪母性衛生学会に参加しています。 大阪府鍼灸マッサージ師会と、鍼灸×助産プロジェクトのコラボで、 学会参加者につぼ体験をしています。 やはり、つぼ療法は、人気です!!

会場の大阪市立大学医学部は、IPS細胞の山中伸也教授が出た学校です。

せりえ鍼灸室からは、応援にかけつけています。

周産期の鍼灸治療が安全に広がるための広報活動です。

tuboも紹介しています

辻内 敬子 2019年11月26日

こんにちは せりえ鍼灸室のツジウチです。

お灸の紹介をwebしてもらいました。ぜひご一読ください。

手に行うストレス緩和のつぼを紹介しています。その名は「労宮(PC8)」

roukyuu-1572602117

火を使うので扱いづらい、難しそう、といったイメージがあるお灸。でもたった5分で、体の不調を徐々に和らげてくれるうえ、リラックス効果も高めてくれるなら試さない手はない。自宅で簡単にできる“セルフお灸”、ぜひ体験してみて。

「お灸による体質改善は、月経の周期を整え、これから産むかもしれない女性におすすめしたい妊活の一つです」と辻内先生。

妊活のほかにも、頭痛・めまい・冷え症など女性特有の症状別に効くツボなど、幅広い情報が写真で分かりやすく説明されている。お灸を始めたい人、自宅で毎日できるセルフケアを探している人にぜひ読んでほしいガイドブック[妊活お灸」

ps://www.womenshealthmag.com/jp/wellness/g29649250/wellness-stress-20191107/?slide=10

 

“5分温めるだけ”でストレス・疲れ・だるさを撃退! 

辻内 敬子 2019年11月26日

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

Women’s Healthに、お灸の紹介を掲載していただきました。

mini-moxa-stick-therapy-royalty-free-image-1572514979

 体の調子が悪いと、仕事効率が落ちたり

いつもより疲れが溜まったりと、気分まで落ち込んでしまいがち。

朝晩の冷え込みが厳しくなり体調を崩す人が続出するこの季節、

自分で健康を保つためにできることケアとして、

今回は、ツボを温めることで体の不調に直接アプローチできる“お灸”に注目。

初心者でも気軽に行える“セルフお灸”の効果や方法を、東洋医学の立場から体が持つ本来の力で治癒に導く治療院「せりえ鍼灸室」の辻内先生が教えてくれた。

という内容です。

写真、イラスト入りでわかりやすく紹介してくださっていますので、ぜひ一度ご覧ください。

https://www.womenshealthmag.com/jp/wellness/g29649250/wellness-stress-20191107/

 

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室