小井土院長ブログ

message

今年のノーベル医学生理学賞

小井土 善彦 2021年10月05日

昨日、ノーベル医学生理学賞を受賞したDavid Julius氏の研究に興味があり、調べてみました。氏は、富永真琴先生が所属していた研究室のボスのようです。その富永先生は、身体にある温度センサーの研究者です。お灸の作用機序を解明するためにも、大きな役割を果たす可能性がある研究をされ、この分野の第一人者であり、11月に開催される全日本鍼灸学会関東支部学術集会https://jsam.jp/convention/branch/kanto20211128/のゲストとして教育公演をされます。乞うご期待!

臨時休診のお知らせ

小井土 善彦 2021年09月04日

勝手ながら、9月7日火曜日は臨時休診とさせていただきます。日曜日と月曜日は、定休日です。

臨時休診のお知らせ

小井土 善彦 2021年08月16日

8月17日火曜日は、臨時休診となります。18日からは平常通りです。ご不自由をおかけしますがよろしくお願い致します。

 

 

 

 

お灸のすすめが韓国語に翻訳されました。

小井土 善彦 2021年05月29日

昨年新版が出版されたお灸のすすめは、売り上げ好調のようで、日本語版は、Web版でも出版されています。翻訳されたのは初めてのこと。海外の人たちにも、お灸を体験して頂けるきっかけが増えればと、思っています。

春本番

小井土 善彦 2021年03月24日

当院の足元に流れる大岡川は、桜の名所。image_editor_output_image-154345932-16166309247265553384489546832988.jpg

屋形船ならぬ屋形ボートの上で、日中は桜を眺めている人々も気持ちよさそうに春の日差しを浴びていました。dsc_03876960629841238793618.jpg

 

 

診療を終え、川の脇を歩いていると、風が冷たく感じました。

 

強い日差しは身体を温める陽の気が溢れるようになりましたが、季節もカラダも春の準備中。暖かい日差しを利用して汗をかき、寒い時は冷えないように服装で工夫する。気温よりも体感を大切に、春から梅雨を経て、その先の夏に向け、準備をしながら季節の移り変わりとカラダの変化を楽しみましょう。

研修生募集のお知らせ

小井土 善彦 2021年01月04日

せりえ鍼灸室の新規研修生を募集します。

2021年の募集開始は、2月からです。

募集人数は、若干名。

条件は、鍼灸師の資格を取得しているか鍼灸学校の学生で、当院の特徴を理解している方。

研修時間および研修期間は、1週間に1日以上で3年間。それ以外をご希望される方は、ご相談に応じます。

研修内容は、掃除、洗濯、ベッドメイク、電話応対など基本的な業務。臨床で必要な医学的(西洋医学と東洋医学)知識の習得、研究活動への参加、スタッフ間でのトレーニングにより技能を習得する。

 

研修費用は、不要。

ご希望の方は、院長あてにメールにてご連絡ください。

せりえ鍼灸室院長 小井土善彦

20200722オンラインせりえ鍼灸室

2021 年の営業日および料金改定のお知らせ

serie89_admin 2020年12月15日

こんにちは

2021年1月か大人施術料金を改定させていただきます。

現行の料金据え置きで長くご利用いただいておりましたが

7700円(税込み)となります。

お子様料金、学生料金に変更はありません。

また、月曜日が休診となります。

ご不便をおかけしますが何卒よろしくお願い致します。

今後もこのコロナ禍において、

おひとり様ずつのお着換えやリネン類など全部取り換え、

消毒も徹底していきますので、引き続きご利用の程お願い申し上げます。

IMG_0001

 

お灸のすすめオンライントークイベント開催のお知らせ

辻内 敬子 2020年12月05日

こんにちは せりえ鍼灸室のツジウチです。

せりえ鍼灸室のコイド院長がゲストスピーカーとして参加します。


せんねん灸 お灸オンライントークイベント

『お灸のすすめ』オンライントークイベント (okyu-room.jp)

お灸の魅力が伝わることと思います。

まだ始めていない方やヘビーユーザーの方もぜひお聴きになってみてください。

セルフケアできるようになるには安心できることが大切です。

お灸を自分でやるには不安だったり、ツボ指導をご希望の方は遠慮なく

お問い合わせください。

お灸指導の設定もありますのでご利用お待ちしております。
 

お灸のすすめ 再販されます 

辻内 敬子 2020年10月03日

okyuu nosusume

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

「お灸のすすめ」お灸入門書として出版されていた本が再販されます。

お灸のすすめには、お灸普及の会として

せりえ鍼灸室も製作にかかわらせていただきました。

 

最近 逆子の妊婦さんの来院が多いです

serie89_admin 2020年09月10日

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

せりえ鍼灸室では最近、逆子の妊婦さんの来院が多いです。

夏の終わりから9月には毎年多いような気がしています。

まず、逆子と妊娠28週で診断されたら、

産院では「まだ大丈夫ですよ、心配ありません、そのうち治ります}と言われると思います。

初産婦さんでも妊娠28週から妊娠30週にかけては、約半分の逆子ちゃんが治るようです。

妊娠30週でも逆子だった場合には、鍼灸院へご相談ください。次の妊娠32週にはなおっていて欲しいと思います。

逆子の期間が長くならないように、逆子期間が3週間以上たってくると治りにくくなります。

初産婦さんは特に、32週を待たずにご相談ください。

相談していただくと、鍼灸治療をお勧めされます。

ずっと逆子と言われていたり、初産婦さん、またいろいろな不定愁訴があるような妊婦さんには、毎日鍼灸院に通うとお金がかかりますので、来院しない日以外は、自宅でのお灸を勧めています。

お腹が張りやすい、お腹が固い、などの場合には、1週間に2回の来院を勧める場合もありますし、1週間に1回の方もいます。

治りやすさや通院しやすさなどと併せて相談していきましょう。

51iIrqKPZkL.__SX334__

妊娠34週までにはなおっていて欲しいと思っています。

まれに妊娠36週でも治る方もいますが、少ないです。

逆子の鍼灸治療で、NHKのためしてガッテンでも取り上げられ、

妊婦さんたちとよしかた産婦人科に協力いただき、

せりえ鍼灸室が担当させていただきました。

 

logo_gatten

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室