小井土院長ブログ

message

寒中お見舞い申し上げます

辻内 敬子 2023年01月19日

寒中お見舞い申し上げます

寒い時期本番です。

乾燥する時期でもあり、インフルエンザも流行る時期です。

温かい汁ものや鍋が恋しい時でしょうか。

基本は手洗い、うがいで感染を予防して、元気に過ごしましょう。

マスク生活で感染も少なくなるとは思いますが、十分注意してお過ごしください。

せりえ鍼灸室では、部屋を暖かく、ベットの温かくしてお待ちしております。

Y&K20110919112301_033

2023年 明けましておめでとうございます

serie89_admin 2023年01月03日

新年おめでとうございます

穏やかなお正月をお迎えのこととお慶び申し上げます

本年もどうぞよろしくお願いします

本年も皆様の健康で快適な人生のお供をさせていただければと存じます

IMG_1015

鍼灸師向け2023 年度オンラインセミナー申し込み方法PDF

小井土 善彦 2022年12月22日

現在、当院では、周産期に強い治療技術を身につけたい鍼灸師へ向けたオンラインセミナー第3期生を募集しています。

学校では習えなかった大切なことを臨床に活かすためのWebセミナーとし、今のままで良いのか悩んでいる鍼灸師に向け、オンラインで参加できる臓腑経絡経穴論を利用した治療法を習得するために必要な触診入門セミナーを行います。正しい医療知識を常に学び、お互いをリスペクトしあえる鍼灸師歴3〜5年以上の鍼灸師が多く参加しています。

尚、申込み締め切りは、2023年1月27日(金)17:00までとさせていただきます。 申込み方法・詳細は以下のPDFをご確認ください。 

せりえ鍼灸室オンラインセミナー2023 

鍼灸師の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

せりえ鍼灸室    

研修生募集

小井土 善彦 2022年11月25日

新規研修生を募集します。人数は若干名。募集要件は、当院の特徴を理解し、鍼灸師あんまマッサージ指圧師の資格を持っている女性です。1週間に2日以上で3年間以上が条件です。それ以外をご希望される方は、ご相談に応じます。研修費用は、必要ありません。 詳しくは、メールにてお問い合わせください。

高い目標を持ち、本気で学ぶ強い気持ちがある方からのご連絡をお待ちします。

冷え症の改善にお灸は役立ちます

serie89_admin 2022年07月24日

こんにちは( ´艸`)

せりえ鍼灸室です。せりえ鍼灸室では、冷え症女性の改善にお灸は役立つのか!?の研究に参加しました。

その結果は、とっても役立ちます!とお伝えできることとなりました。

770px-Bansho-myohoshu-1853-Moxibustion

特に、冷え症女性が持つ、ぐっすり眠れない、足のむくみ、肩こりの3つの症状はすごく改善しました。

その結果を、研究に携わった鍼灸院の鍼灸師さんたちや協力してもらった大学の先生方と、学会や学会誌に発表することができました。

多施設共同研究ランダム化比較試験を行った研究は、冷え症女性に対するお灸のセルフケアと効果があるとされているレッグウォーマーを比較したものです。

せりえ鍼灸室では、院長のコイド先生や江橋さん、井上さんが研究に携わりました。

研究に協力してくれた参加者への説明は、江橋さんが行い、

井上さんは、助産師、看護師、鍼灸師さんの視点からアドバイスとデータチェックをしてくれました。

コイド先生は、研究計画から携わってきました。

今後も、この研究結果を、冷え症で悩む女性や家族に伝え、

お灸でセルフケアが出来るように、私達鍼灸師がお手伝いさせていただこうと思っています。

 

研究協力施設と共同研究者の名前です。

辻内敬子1)2)、小井土善彦2)、江橋恵子2)、井上律子2)、坂本智子1)3)

千葉三起子1)4)、水本絢子1)5)、坂口俊二6)

女性鍼灸師フォーラム1) せりえ鍼灸室2)、はり灸サロンまぁる3)、鍼灸院CHIB4)

エスペラァンスはりきゅう山本院5)、関西医療大学大学院保健医療学研究科6)

 

食欲のない赤ちゃん

辻内 敬子 2022年07月20日

こんにちは

せりえ鍼灸室です。

赤ちゃんも夏バテします。夏バテ気味で食欲が落ちる場合があります。

赤ちゃんもこう連日暑いと、水分は欲しがると思います。
おっぱいだったり、ミルクだったり、お茶だったり。

お茶って言えれば分かり易いけど、
言えない場合は、泣いたら水分かな?
おしっこかな?って思ってあげてね。

まだお話しできない時期の赤ちゃんは言えないけれど、
おしゃべり出来るようになったり、
子どもは、食べたくないのと言えます。

食べたくないという時には無理強いしないって大事です。
食べたくないという以外の表現をしらない場合もあるけど、
食欲ないの、昨日食べ過ぎたからって大きい子はいえます。

食べ過ぎてまだ消化吸収してないようなら
食べたくないというのもうなずけます。

無理強いしない!! 大切ですね。つい大人は自分のことは棚にあげてしっかり食べなさいといいがちです。

大人は、無理に食べて身体をこわしがち。
時間で決めすぎない。
お腹が空いて、食べる。
だから、おやつも食事。
子どものおやつは食事です。
3回食でも、5回食でも、みんなごはんです。
お菓子でおなかいっぱいにしないことです。

 18725659-E5BDBCE38289E381AEE5ADABE381A8E9818AE381B6E3818AE38198E38184E381A1E38283E38293E381AEE382A4E383A9E382B9E38388 (3)

お灸で整える

小井土 善彦 2022年04月27日

セルフケアの方法の1つとしてお灸をお伝えしているせりえ鍼灸室です。
オンラインお灸クラブ
毎月第1土曜日、10時から30分間
自分の身体と向き合い、健康の土台作りを行う健康習慣を行なっています。
コロナ禍でもできることがある、コロナ禍だから気づくこともあると
オンラインで定期開催をしています。
実際には30分間じっくり行いますが、お試し15分バージョンを動画にしました。お灸で整える
終わってみると、新しい風が吹くような、清々しい気持ちになります。
無意識のうちにも疲れが溜まってくる時期だと思います。
お灸が眠っている方、ぜひお試しください。

セルフケアのポイント・コツ

小井土 善彦 2022年04月01日

セルフケアを考えだした時というのは 何かお体のことで悩んでいたり、ライフステージの変わり目だったり そのようなタイミングではないでしょうか。

お辛い症状に悩んでいる方

自分に合ったセルフケアをお探しの方へ

私たちの考えるセルフケアについて1つ動画にしました。

https://youtu.be/-DUUMgHdLgE

足元冷えてない?

例えば肩こりの改善方法を探している人が100人いたら

100人に共通しているのは「肩こりを改善したい」という部分だけで

どういうお体の状態なのか、具体的な症状や置かれている環境も

本来は一人一人違うはず。

今治したい、サクッと治したい方は3分で解消!といった

簡単にすぐできるものでもしかしたら十分かもしれませんが

根本は?っと、ここではもう一歩踏み込んだお話しをしています。

お悩みの方に届き、セルフケアのヒントになりますように。

【YouTube更新】三陰交ってどこ?

小井土 善彦 2022年03月06日

三陰交

足の冷えやむくみ、美肌づくり、代謝アップなど

女性の健康を後押ししてくれる三陰交

ツボの名前は有名ですが

場所を間違えやすいツボでもあります。

実際に鍼灸師が大切にしているツボの反応、感覚を交え

教科書通りのツボの位置から

より厳密に「今日の自分の三陰交」はどこなのか

まとめてみました。

https://youtu.be/2dZ_zHlso6Q

最初はわかりにくいかもしれませんが

毎日触れていると、「ここかな?」がわかってきます。

そしてツボを見つける時間は

自分のからだと向き合う大切な時間です。

いつもより冷えていたら、今日はしっかり湯船に浸かろう!

いつもより肌の色艶が悪ければ、少し疲れてる?

バランスの良いご飯にして、今日は早めに寝よう!

ぜひ自分の三陰交、探してみてください。

 

元気の源と言われるツボ 湧泉にお灸をしてみよう!

小井土 善彦 2022年03月01日

20220301 ブログ用 お灸 KI1(湧泉)

お灸の心地よい温かさに心身が和らぎ
お灸はゆったり過ごす時間の感覚を思い出させてくれます。
2000年もの時代を超えて、今もなお愛されているお灸
思っている以上に簡単に行うことができます。
お灸のやり方を動画にしました。
 
 

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室