小井土院長ブログ

message

めだかと汗と

小井土 善彦 2020年04月09日

おはようございます。せりえ鍼灸室の小井土善彦です。

自宅のベランダに、四角い発泡スチロールの箱を置いています。冬の間、水草でふさがれていて、中の様子は見えません。

ところが、水温が高くなるこのころになると、たくさんのメダカが水面に上がってきます。メダカの姿を見るたびに、生きていたんだ~!今年の冬もがんばったね~!と嬉しくなります。

新型コロナウィルスが終息し、一日でも早く、そんな感じで再会できることを願っています。

まずは、この非常事態宣言を乗り越えること。その間に、できることを考えます。

今日は「汗」について考えました。

汗腺には、手のひらや足の裏に分布している汗腺(アポクリン汗腺)とそのほかの体表の多くに分布する汗腺(エクリン汗腺)が、一般によく知られています。

汗は、水分が蒸発するときに発生するエネルギーにより、身体を冷やしてくれる放熱システムです。気温が高いところでも、汗が出れば体温は適度に下がり、体温を調整してくれます。逆に、寒いところでは、汗を出さないことで放熱を抑制し、体温が必要以上に下がるのを防いでくれます。

私は、患者さんの皮膚の状態を良く観察します。汗もそのひとつ。私にとって汗は、汗を出す汗腺の機能が、しっかり働いているのか?いないのか?を判断するための大切な情報源です。湿度が高いところでは、水分が蒸発しにくくなるので、汗は出にくくなります。当院がある横浜も、梅雨前から湿度が高くなる地域。患者さんの汗が気になります。

また、汗を出す汗腺には、もうひとつ大切な機能があることが知られています。みなさんもご存じのように、栄養素には、糖質、脂質、タンパク質に加え、ビタミンやミネラルがあり、そのミネラル(電解質)には、ナトリウム、カリウム、クロール、カルシウム、マグネシウムなどがあります。汗の主な成分は、水と塩化ナトリウム(塩分)です。汗腺には、水分の調整とともに過剰な塩分を体外に排泄する機能があります。その一方で、身体にとって必要なミネラルを再吸収する機能も備えています。小さな腎臓と言われるゆえんです。

ミネラルは、健康維持、体調管理には欠かせない栄養素。汗をかきにくいことは、体温の調整だけでなく、ミネラルを再吸収する汗腺の機能が低下し、疲れやすくなる要因のひとつと言われています。

地球規模で気温が高くなりつつある近年は、熱中症による死亡例が多くなり、水分の補給に関心が集まっています。熱中症を避けるためには、水分の補給に加え、エアコンによる室温の調整が重要です。

その一方で、医学的な理由がないのに、必要以上にエアコンを使う生活を続けていると、汗腺による体温調整機能が低下することが危惧されています。

そんな大切な汗ですが、

メダカが顔を見せる3月くらいから、汗を出す準備が始まると、私は考えています。

秋から冬バージョンに向け、夏が終わる前から、身体は準備を始め、春から夏バージョンに向けた準備は、暖かくなる3月ころから始まると考えています。夏に体調を維持できるように、昨年の夏の様子をお尋ねし、5月の連休が終わるころまでに、汗をかけるようにしていきましょうと、患者さんにお伝えしています。

今は4月。幸運にも、非常事態宣言。自分の健康を見直すチャンス。

栄養や休養とともに、散歩や大掃除など適度な運動で身体を積極的に動かしてみましょう。また、今日の横浜のように、お天気が良いときは、窓を開け、風を通し、日に当たり・・・。皮膚への適度な刺激は、自律神経の働きを促進します。

それから、昼間の入浴もおススメです。ちょっとした贅沢を楽しむのは、気分転換にもなります。医学的に問題がなければ、温度も深さも時間も、その時に気持ち良いと感じる程度が良いと考えています。快不快や好き嫌いを感じることは、健康や身を守る大切な能力の一つ。

社会に適応するために、感じないようにしてきた快不快や好き嫌いですが、人を生物としてみると、とても大切な感覚に思えてきます。

体調が悪くても微熱が出ても、栄養ドリンクや薬を使って、症状がないことにしてきた生活を、この先も続けていくことが可能なのか?持続可能な社会とは?

汗に注目しながら、考えてみる機会にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

うぐいす

小井土 善彦 2020年04月08日

おはようございます。せりえ鍼灸室の小井土善彦です。

今朝も、音楽を聴きながら、いつもの道を歩いてきました。

公園のそばにさしかかったあたりで、ヘッドホンを外してみると、カラスの声の合間に、鶯の声が聞こえてきました。

今朝は、何日か前に聞こえてきた場所とは違った方向から。

スマホのアプリで録音してみましたが、マイクの特性が合わず、ここにアップすることはできませんでした。

ネットで検索すると、その季語、声形や学名まで、たくさんの情報がアップされていますので、季節の移り変わりをぜひ味わってください。

PHOTO072

今朝も、お茶を入れました。

左のカップは、50年来の友人が熱海で陶芸のお店を開いているときに購入したお気に入りです。京都の作家が作ったそうです。

右は、水俣の「からたち」から取り寄せたほうじ茶。スタッフや患者さんがいつでも飲めるように、今朝も準備しました。

緊急事態宣言が発令されました。

コロナウィルスめ!

 

 

 

 

今日も変わらないこと、変わったこと

小井土 善彦 2020年04月07日

おはようございます。せりえ鍼灸室のコイドです。

まずは、変わらないことから

入口には、「来院された方へのお願い」が掲示されています。

PHOTO076

一日も早く、外したい!

院内に入る際には、手指消毒をお願いしています。

PHOTO075

今朝も、洗濯物がよく乾いていました。

洗濯物の先に見えるのが、6月29日から運用される横浜市市役所の新市庁舎です。

PHOTO072

今日も、洗濯物を乾燥機にかけ、お湯を沸かし、窓を開け、空気を入れ替えました。PHOTO074

 

続いて、変わったこと

当院は、新型コロナウィルス感染予防に向け、様々な対策を講じてきましたが、緊急事態宣言が出されると、いろいろなことをさらに変えることが必要になります。

政府からの要請に従うことを想定し、感染拡大を抑制しつつ、妊婦さんや重症患者さんの安全性を確保し診療を継続するため、その間に当院でできることを、昨日スタッフで相談しました。

その結果、4月1日に小井土善彦のブログで「新型コロナウィルス対策のための重要なお願い」として掲載しました7事項に加え、8番目の事項として以下を追加することとします。

8.公共交通機関を利用する際の感染リスクを避けるため、スタッフおよび患者さまは、特別な事情がないケースを除き、電車やバスなど公共交通機関を使用しない方とさせていただく。

その結果、スタッフも自宅待機としますので、ご好評をいただいていましたマッサージコースは、一時休止となります。また、治療は、徒歩か自転車で通勤できる院長か副院長が担当するすることになります。ご不自由をおかけしますが、何卒宜しくお願い致します。

何が正解なのか?は、誰もわかりません。

状況に応じ、変化することも予想されます。

みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

できることは、フツーの風邪をひかないように、一人一人が健康に過ごし、これ以上医療に負担をかけないように努力することが大切です。それには、栄養と休養と運動が基本。そして、自分の体調の変化に気づくこと、体調が良いことも悪いことも知ることも。

私たち人間も生物ですから、いつも元気は、ありえません。これを機に、その日、その時、その人の体調に応じて暮らしていける社会に向け、大きく舵を切ることができればと願っています。

一日も早い終息を!

 

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

せりえ鍼灸室の診療体制について

辻内 敬子 2020年04月07日

こんにちは、せりえ鍼灸室のツジウチです。

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、緊急事態宣言が出されそうです。

それ以外でも、患者様にはご心配をおかけしております。

感染拡大予防の観点からも、付き添いの方には、お車での待機をお願いします。

11yjimage

また、お子様の治療以外のお子様連れもこの機会が収まるまでご遠慮いただきたくお願いします。

また、スタッフの安全確保の観点からも満員電車で通勤してくるスタッフはしばらくお休みします。

今年は桜を楽しむ余裕が少なかったですが、また来年ですね。

IMG_4547

 

桜川橋

小井土 善彦 2020年04月04日

せりえ鍼灸室は、大岡川にかかる橋(桜川橋)に隣接しています。この季節には、上流から流れてきた桜の花びらが川面を埋め、多くの方がカメラやスマホのシャッターを鳴らしています。強風から避難して集まってきたカモメたちが、桜の川をスイスイと泳いでいました。

P1050927-2

大岡川の桜

小井土 善彦 2020年04月04日

横浜は、温かく強い風が吹いています。きれいにたくましくも見えます。

20200404 桜 大岡川

新型コロナウィルス感染予防対策

小井土 善彦 2020年04月04日

せりえ鍼灸室院長の小井土です。風にも耐えて咲いている今年の桜は、ひと際きれいにたくましくも見えます。

IMG_1195

新型コロナウィルスの感染を拡大させないためには、3っつの蜜を避けることが必要と言われています。

せりえ鍼灸室では、患者様同士の間隔を確保するために、個室対応にしています。また、換気する時間を確保するために、治療時間の間隔を広げご予約を承っています。

新型コロナウィルスの流行が終息するまで、特別な事情以外の付き添いをお控えいただくよう、お願いしています。

ご不自由をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。

 

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

 

妊婦さんの尿検査は大切なんですよ

辻内 敬子 2020年04月02日

こんにちは せりえ鍼灸室のツジウチです。

妊娠糖尿病ですと診断される方は増えてきている印象です。

健康な赤ちゃんを産むためには、血糖の管理が重要といわれています。

私たちも食べたくなってしまいがちな食欲増進をおさえて協力していきますよ。

なぜ、鍼灸のご利用をすすめるのかというと、自律神経の調整にもかかわってきます。

日常生活などの生活習慣から食べてしまう、という方には、

食欲の異常をバランスとるように交感神経優位の状態の改善をはかります。

また、重たい身体の代謝をはかっていきますので

何かに取り組みやすくなると、考えていただければ幸いです。

お母さんが妊娠高血圧症候群や腎症に

赤ちゃんは流産や巨大児に、と言われています。

私は、妊娠糖尿病をあなどっていたのですが、

中高年になった時に発症しやすいなどが判ってきています。

ぜひ、診断されたのちには、しっかりと管理していきましょう。

 

IMG_7875

妊娠中も安心してご利用いただけるようにせりえ鍼灸室は衛生面でも管理しています。

産後も管理が必要な時期があります。

お子様と一緒に産後はご利用ください。

こんな時には、ということでもご相談お待ちしています。

 

24076-2

 

新型コロナウィルス対策のための重要なお願い

小井土 善彦 2020年04月01日

こんにちは せりえ鍼灸室院長の小井土です。

我が国でも、新型コロナウィルス感染が広がりつつあり、様々な場面での対応が求められています。

そこで、みなさまにお願いがあります。

以下のいずれかに該当する方は、受診をお控えいただきますようお願いいたします。

1.37.5℃以上の熱がある方。

2.風邪症状がある方。

3.だるさ(倦怠感)がある方。

4.呼吸が苦しい方。

5.新型コロナウィルスに感染した方や疑いのある方と接触された方。

6.過去14日以内に、海外から帰国された方。

7.ご同居されている方が、1~6のいずれかに該当する方。

みなさまの、ご理解とご協力をお願いいたします。

新型コロナウィルスは、感染力が強いことに加え、インフルエンザよりも潜伏期間が長く、無症状のケースがあることも特徴として報告されていることから、今までとは違った対応が必要と考えています。

当院でも、みなさまに安心してご利用いただける治療院でありつづけるために、スタッフの健康管理とともに、入口での手指消毒、リネン類の管理、換気、患者様同士が同じ空間に居合わせないための予約調整など、積極的な感染予防に引き続き取り組んでまいります。今後とも、よろしくお願いいたします。

IMG_1282

第34回日本助産学会学術集会WEB学会参加しています

辻内 敬子 2020年03月21日

こんにちは せりえ鍼灸室のツジウチです。

新潟でこの3月21日~23日まで開催予定だった

第34回日本助産学会学術集会は新型コロナ対策にて開催は中止となり、

WEB学会となりました。ところがなんと2200名程度の参加となり、開催されています。

いつでも見られて、何度でも見られることが幸いしているようです。

私たちせりえ鍼灸室も全員で参加する予定だった交流集会が、

今回はWEBで開催しています。

もぐさ処の紹介と助産師さんへのツボ療法の紹介です。

3月31日まで追加閲覧できますので、まだ見られていない方はご覧ください。

IMG_7328

5148eNXNhuL__SX354_BO1,204,203,200_

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室