小井土院長ブログ

【YouTube更新】三陰交ってどこ?

小井土 善彦 2022年03月06日

三陰交

足の冷えやむくみ、美肌づくり、代謝アップなど

女性の健康を後押ししてくれる三陰交

ツボの名前は有名ですが

場所を間違えやすいツボでもあります。

実際に鍼灸師が大切にしているツボの反応、感覚を交え

教科書通りのツボの位置から

より厳密に「今日の自分の三陰交」はどこなのか

まとめてみました。

https://youtu.be/2dZ_zHlso6Q

最初はわかりにくいかもしれませんが

毎日触れていると、「ここかな?」がわかってきます。

そしてツボを見つける時間は

自分のからだと向き合う大切な時間です。

いつもより冷えていたら、今日はしっかり湯船に浸かろう!

いつもより肌の色艶が悪ければ、少し疲れてる?

バランスの良いご飯にして、今日は早めに寝よう!

ぜひ自分の三陰交、探してみてください。

 

元気の源と言われるツボ 湧泉にお灸をしてみよう!

小井土 善彦 2022年03月01日

20220301 ブログ用 お灸 KI1(湧泉)

お灸の心地よい温かさに心身が和らぎ
お灸はゆったり過ごす時間の感覚を思い出させてくれます。
2000年もの時代を超えて、今もなお愛されているお灸
思っている以上に簡単に行うことができます。
お灸のやり方を動画にしました。
 
 

春一番?

小井土 善彦 2022年02月27日

このところ、日一日と日差しが強くなっていました。今日は、暖かい時間に、じゃがいもを植え付けました。収穫は6月頃でしょうか!

逆子で鍼灸院を利用する時、いつ行ったらいいの

serie89_admin 2022年02月19日

こんにちは :-)  せりえ鍼灸室です 😀 

妊娠中に逆子になったら、病院では、そのうち治るから心配しないでね~

と言われると思います。

逆子で鍼灸治療を利用する際のお勧めの妊娠週数を初めての妊娠の初産婦さんと経産婦産別に考えてみました。

yjimage3USG9U0K

治りやすさは経産婦さんの方が治りやすいです。

健診で逆子と32週でもいわれていたら、次の健診の妊娠34週にはなおっていたいので(帝王切開の予定が入ってきますから)鍼灸を利用してみてください。

初産婦さんは、妊娠28週で逆子といわれて、妊娠30週でも逆子の場合には、すぐに鍼灸院の利用を勧めます。次の健診の32週までには治っていた方が安心です。

逆子や正常位を繰り返している逆子ちゃんでも遅くならずに利用してみてはどうでしょうか!

逆子博士と言われている産婦人科医の林田和郎先生が、妊娠30週±2週での鍼灸治療を勧めていましたが、まったくその通りだと納得している次第です。

多くの妊婦さんは、妊娠28週の妊婦健診でいわれます。

逆子がどの程度治っていくのか、を調査した報告では、妊娠28週に逆子だった妊婦さんの84%が分娩前までにはなおっていたそうです。

妊娠28週から妊娠30週までの間にも、産院のエコーを用いながら調査した初産婦さんも54%の逆子ちゃんが、頭位に戻っていました!!

というわけで、妊娠28週に逆子だね、と言われても心配しないで大丈夫ですから安心してください。

また、初めてお産をする初産婦さんと経産婦さんでは、逆子への心配度が違っていて当たり前です。経産婦さんは、30週、32週ぐらいまで、多くの人が治っています。

seirie sakago  tyousa 現代鍼灸学 逆子

seirie sakago 逆子調査結果
現代鍼灸学 第21巻 2021

治りやすい時期に、不安を持ち続けずに、逆子が治るのが良いと思いますし、何よりも逆子の赤ちゃんも自分自身も元気になり、お産への体調と気持ちを整えるためにも役立ちます。

妊娠35週、36週、帝王切開前に治る妊婦さんもいますが、まれです。

子宮が一生懸命伸びていく初産婦さんは、とてもお腹が張りやすく硬い場合が多いようです。鍼灸院への治療回数は2~3回程度が必要です。

2週間の間に、治療回数を予定してみてください。(経産婦さんはお産しているのでお腹が柔らかい人が多い)

遠慮なく、鍼灸院へ治療回数や料金などもお問合せください。

妊婦さんから赤ちゃん、ご長寿になった女性の鍼灸治療も行ってきている鍼灸院です。

雨が降る前に

小井土 善彦 2022年02月19日

治療中、大きな声におどろいて、外に目をやると、橋の上で、何やら大勢集まって、撮影が始まりました。

天気予報は、午後から☔

雨が降る前に、終わりますように。

鍼灸師の皆さんに

小井土 善彦 2022年02月19日

女性鍼灸師フォーラムが、なかなか学べなかった周産期の鍼灸を、系統的に学べるセミナーをWebを利用して開催します。院長も有効性と安全性について、エビデンスを元に解説します。そのキックオフパーティが26日に開かれます。周産期にも対応できる鍼灸師を目指している方は、是非ご参加ください。

冷えにおススメのツボ

小井土 善彦 2022年02月18日

本や動画を参考にしても ツボここであってるかな?

と思う方が多いと思います。

「ここだ!」を見つけられるようにツボの見つけ方を動画にしました。wp-1645236872269.jpg

ツボを見つけることはとても奥が深くからだに目を向ける自分と向き合う大切な時間だと思っています。

自分自身を大切に思いながら自分だけのツボを見つけられるように

思いを込めて作成しました。

https://youtu.be/qYNmpMgmkeg

是非ご視聴ください。

 

具合が悪くなったから鍼灸ではなく、健康と普段の生活に目を向ける鍼灸に

serie89_admin 2022年02月16日

こんにちは せりえ鍼灸室です。

鍼灸院に行くというと、どこか具合が悪いの?と心配されたといいます。

確かに痛みに効果を発揮する鍼灸ですね。

その痛みが緩和されてきたら、具合が悪くなったから鍼灸ではなく、

健康と普段の生活に目を向けるようになる方は少なくありません。

OIP

今の痛みや苦痛、不快な症状を緩和していくためには、どのような生活を過ごせばよいのか、を、と思いをはせていきます。

同じ痛みを繰り返していると、鍼灸を何度も利用しても治らないと考える場合が少なく

痛みや不快症状は、同じ生活をしているから繰り返しているんだ!と思い、

定期的なメンテナンスとして鍼灸を取り入れる人が出てきます。

また、生活習慣や環境を少し変えてみる、など取り巻く状況を変化させていく方もいます。

人との関わりから発生しているストレスも少なくありません。人同士の関わり方を変化させていく、これも素晴らしい対処法となります。

自分に備わった自然治癒力に目を向けて、

具合が悪くならないように生活をしていくことをみにつけていきます。

東洋医学、鍼灸と出会うと、そんな気づきの芽が出てくることと思います。

気づきの一歩は、自分に目をむける、です。

そんな貴女をサポートしていく鍼灸、東洋医学にふれてみませんか

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

 

新型コロナウイルスが引き起こす「健康二次被害」

小井土 善彦 2022年02月15日

こんにちは、せりえ鍼灸室です。

皆さんは、新型コロナウイルスが引き起こす「健康二次被害」という言葉をご存じでしょうか?

外出を控え、運動不足になったり、人との関わりが少なくなると思わぬところで体や心のおとろえが進むことを「健康二次被害」と言います。新型コロナウイルス感染症予防のために、生活不活発(外出の自粛で社会参加が制限されたり、自宅にいる時間が増えるなど)になった結果、体力や気力が低下して、一気に老化が進むことをコロナフレイル(虚弱)と呼び、運動と栄養に加え、人とのかかわりを積極的に増やすようにしようと、筑波大学の久野譜也教授らの呼びかけで、1年間の予定で昨年活動を開始した「健康二次被害コンソーシアム」が、1年間の活動期間の延長を決定したと、連絡がありました。

当院でも、パンフレットを配布するなど啓発活動に力を入れてきました。

健康二次被害コンソーシアムhttps://kenko-nijihigai.com/ は、

感染症対策とともに、健康にも目を向けて
「この先の未来においても、幸せな日常生活(外出・旅行・健康活動・消費・人とのつながりなど)を楽しんでほしい」を合言葉に啓発活動をしています。

皆さんも、健康二次被害コンソーシアムの活動に、是非ご協力ください。

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

マスクの下の口元を動かそう

serie89_admin 2022年02月13日

こんにちは

せりえ鍼灸室です

マスクをつけた生活も長くなりましたね。

マスクを着けている安心感から化粧無し、笑顔無し、誰かにみられているという緊張感無しで、だらけがちになっていました( ´艸`)

まずは、自分の姿勢を意識して背筋を伸ばします。

あごを引いて頭の位置を確認します

口元を意識して、あえいおう、あえいおうを唱え

自然な笑顔を作りましょう

口角を引き上げることを意識していきましょう。

意識して深呼吸をしていきましょう。

deep-breath-male

呼吸が浅いと感じたり、顔色が悪い、肌がくすんでいるなどがある時には、鍼灸をご利用してみてください。血色がよくなり、体全体の状態をアップしていきますよ。

 

51FRpgCSGLL__SX345_BO1,204,203,200_

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室