小井土院長ブログ

出産予定日近し、妊婦さんの気持ち

辻内 敬子 2016年02月16日

横浜で不妊の方への鍼灸、妊娠期の逆子や腰痛の鍼灸、妊娠期の安産を目指した鍼灸治療をしているせりえ鍼灸室の辻内敬子です。

妊娠期間中は、何かあったらどうしようと心配ばかりだったこともあるでしょう。 でも、妊娠10ヶ月、妊娠36週に入ったら、ここまで来たと一安心する頃ですね。 IMG_7155 よく、臨月だから、もう何してもいい、あれもこれもやりたい、 もう、ここまで来たから どうなってもいい、なんて思って、食べたいもの大食いする人も また、体が重いから、もうすぐ生みたい、 そんなことを考える人もでてきます。 あなたはどうですか?! しかし、ここで安心するのはまだ早い!! 産むのはあなたです。 産むまでは、まだまだ時間があります。 妊娠37週以降から、私は、できるだけ毎週、鍼灸治療をすすめます。 そうすることで、前期破水や予定日超過を少するのではないかと思います。 また、自律神経の安定もはかられ、お産に対する不安も少なくなるのではないかと思います。 出産を迎える時期まで、鍼灸を続けてみましょう お待ちしてますわ 横浜で更年期、妊娠中の逆子や腰痛治療を行うせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

逆子とお灸と鍼灸治療

辻内 敬子 2016年02月14日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

逆子と言われたらどうしますか?

まずは、どっきり!えっ!、何それ、私だけ、逆子?!

そのあと、不安な様子をみた医師からは、 「まだ妊娠28週だから、あわてなくていいですよ。」と、言われるのかもしれません。

あるいは、「逆子ですね」と、いうだけで、何も言われないかもしれません。 さかご

妊娠28週の時には、「なにもしなくてもいいですよ、そのうち直ります」

 と、いわれることがほとんどです。

しかし、言われた妊婦さん本人は、不安で心配な時間を過ごすことになります。

 「そのうち直ります」と言われて、まっていても直らないい人もいます。

そこで、鍼灸治療を利用していただくと、体調もよくなるし、逆子も直りやすくなる人も出てきますので、待っているよりは、お灸や鍼治療をおすすめしています。

できれば、妊娠31週までに利用していただけることをお勧めしています。

逆子の期間が長いと返りにくくなりますから、次回検診を待ってではなく、

28週から30週、すぐに治療を利用して欲しいと思っています。

逆子については、次回に回しますが、できるだけ、安心して、 逆子が直るようにお手伝いしたいと思っています。

そこで、鍼灸治療以外に、自宅でできるお灸もおすすめしています。 妊婦さんには、家庭環境によってはお灸をやりにくいという方もいます。

その場合には、火を使わないお灸、それ以外の方法を相談していきます。

妊娠期に体を作ることは、その後のお産や母乳分泌、 おっぱいの伸びや硬さなどの改善にもつながると考えられます 。

扁平乳首、陥没乳首の方もご相談くださいね 。

また産後の痔や脱肛、子宮脱、尿漏れも続く場合もあります。

そんな時でも、ご相談ください。

妊娠期の方は治療院を探すことが多いので、安心して来院できる場所としてマタニティー鍼灸を掲げています。しかし、女性なら誰でもお待ちしています。

特に、冷え、別にどこも悪くないのに、体が重い、やる気が出ない こんなに疲れる、

人生楽しくない日が多いなどの人にはお勧めしたいと思います。

鍼やお灸というと怖いイメージがありますが怖くありません。安心して下さい。

骨盤を整えたい、顔のゆがみが気になるなども、体を整えていくことから調整できます。

東洋医学の魅力をお伝えしたいと思います。 お待ちしていますね

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

 

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

不妊治療中は気分転換をはかりましょう

辻内 敬子 2016年02月13日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

不妊治療中の方は、気持ちはのんびり構えて、とにかく、気分転換を心がけてください。 気持ちいい

毎月の月経が気になり、肩から力が抜けずに苦労している人もいます。

なかなか気持ちの波をコントロールできない時もあります。

私たち鍼灸師に出来ることは、不安を和らげ、自律神経を整えるようにし、 血流をよくしていくことです。

私たちは、自律神経の調整を図るようにお手伝いしています。

体がホルモンリズムを整え、着床しやすいように子宮内膜の状態をよくしていくように 体によいように働きかけていくと期待しながら、治療させてもらっています。

不妊治療を利用されている方のリラックス効果や不安や抑うつ気分の改善効果などが分かってきています。

それ以上のことは、まだまだ研究段階です。これからの報告が待たれます。

東洋医学的にお体を拝見すると、 西洋医学的な検査数値では問題がなくても体を整える必要がある方は少なくないと思います。

顔色が黒い、顔色が黄色い、冷えがある。 お腹が硬い、背中が硬いなどの状態を改善することは、 子宮の状態を改善し、また授精しやすい状態を整えていくことにつながると考えています。

はりやお灸を怖がる人も多いのですが、 いろいろな方法もありますから、相談してみてくださいね。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

産後の膝痛にご用心

辻内 敬子 2016年02月12日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

産後の訴えに多いものの一つに、膝痛があります。

膝痛

妊娠中からの体の使い方も問題になります。しっかり予防しておきましょう。

 膝を使うような動き、床ふきや草取りなどの動作を取り入れてください。

体の使い方や膝の動かし方が重要になります。

そして出産後は、 痛みが出ないように、赤ちゃんを抱っこする姿勢に気をつけます。

 膝痛が起きた場合には、いきなり筋力トレーニングでは膝を痛めてしまいます。

まず、硬くなった筋肉を私たちは、鍼をすることでほぐします。

頑張っている体は至る所が、固くなったままです。

ですから全身をゆるめていきます。 筋力のなさも問題になります。

赤ちゃんで筋トレしていきましょう。

腰とお腹の力がないことを知り、回復に励みます。

その後に 膝と腰、背中に筋肉の痛みをとりながら、膝痛緩和を図っていきます。

1回で治るわけではないですが、 痛みはかなり改善し、そこから生活上の動かし方に注意していただきながら、 回復をはかる道をさがしていきます。

成長激しい赤ちゃんと、元気に育児、 大きくなった子とも、走り回れるようになりますから安心してくださいな。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

男性不妊は、働き過ぎにご用心

辻内 敬子 2016年02月12日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

Pさんご夫婦は結婚○年の仲良しご夫婦です。

hirou

夫君は、日々仕事も遅くまで頑張っているそうです。 帰宅は深夜で、毎日お疲れのご様子。 

Pさんは、子どもができないと悩んでいました。

確かに結婚後、長い時間が経っていますし、病院へも通って治療もしていました。

夫君の精子にも問題があるそうでした。

日常生活が疲れていると、精子の数や活動率も波がでて、多い時、少ない時とあるものです。

元気な精子くんは、一匹でもいればいいわけです。疲労感も高まっていた夫君でした。

精子製造の体も同じ体、日常生活を維持することに、精力を使っている状態だったということです。

自分の疲れに比例して、精子くんも活動率が低下するというのはあたりまえです。

自分も、そして精子君も、元 気をだすには休養が大切です。

また、ストレスもあきまへん。 ストレスためずに発散、そんな時に、鍼灸治療は役にたつと思います。

鍼を怖がる男性が多いですが、妻から安心させてあげてほしいです!

痛くなく、熱くなく、気持ちいいものですよ、と。

そして、歩く、課題を歩く、駅まで歩くなどの運動を入れてください。

また、ストレスはそんなときもあるものさ!と早めに切り替えてください。

切り替えが苦手な方にも、針灸は自律神経を整えますよ。

精子くんと卵子ちゃんが出会うのは、お互いに健康であればこそ!です。

いそがしすぎるのも、考えものですよ。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

自分でケアするかぜと花粉症のつぼ療法

辻内 敬子 2016年02月11日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

クレヨンハウスが発行している、「いいね」という雑誌の 3月号の特集は、

「花粉症と風邪」です。

自分で行うつぼ療法を今回、鍼灸マッサージ師の辻内が担当しました。

モデルは当院のスタッフさんでした。

このたび、寿退社しました。

撮影は、せりえ鍼灸室を使用して、あっという間にスタジオに変身でした。

書店で、手にとってみてください。

かぜと花粉症の成り立ちは違っても、出てくる症状はおよそ同じ。

鼻水や目のかゆみ、などがみられます。

安保徹先生が、かぜも花粉症も免疫力がカギ!といいます。 免疫力をアップするための方法は、たくさんありますが、

 

4910032260364ー2

つぼ療法やお灸はもってこいです。 

「いいね」vol.23 かぜと花粉症のナチュラルケア クレヨンハウスから

特集「自分でケアするかぜと花粉症」の目次

・かぜも花粉症も免疫力がカギ!/安保徹さん(医学博士)

・症状をやわらげるツボケア/辻内敬子さん(鍼灸按摩マッサージ指圧師)

・旬の食材こそが最高の薬に/武鈴子さん(薬膳料理家)

・香りで過ごしやすく/楢林佳津美さん(アロマコーディネーター)

・じんわりハーブティー/ホリエエミさん(ハーバルセラピスト)

・自然素材でやさしくケアする かぜ・花粉症お手当グッズ

・かぜも花粉症もうるおいガード/神藤多喜子さん(助産師)

・薬を「毒」にしないために/林敬次さん(小児科医・「医療問題研究会」代表)

・「知ってるつもり」の花粉症/吉村史郎さん(耳鼻咽喉科医)

・気になるあれこれ女子トーク「ひねこぶたとひめこぶた」(文・落合恵子 絵・陣崎草子)

モデルは、当院のスタッフさんでした。撮影は、せりえ鍼灸室で行いました。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

 

出産後のお見舞い&お祝い

辻内 敬子 2016年02月11日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

出産おめでとうございます。

aki2

赤ちゃんを抱っこする、慣れない育児がはじまりました。

おっぱいを出すために格闘中。 出産直後は、「はい」の興奮状態しています。

一方 お産で疲労していますが、気持ちも高ぶって、元気に振る舞っています。

周りの人は、赤ちゃんの顔も見たいし、お母さんになった方へのねぎらいもあって, また、自宅に押しかけるには、疲れていて気の毒だろう、 病院なら長居をせずに済むから、病院へお見舞いに。 い

ろいろな理由で病院へ、出産祝いに出かける方が多いのが現状ではないでしょうか。

でも、病院内でのお母さんになったばかりの女性は、 おっぱい育児に自信がもてるようになるための一歩を踏み出し開始。

夜間授乳に備えるために、休む時間も必要です。

だから、時間は短めに。 ゆっくり、落ち着いた頃、

あるいは産後1ヶ月検診が終わって おでかけができるように元気になってからでも

本人といつお祝いに出かけていいのか、相談するのが一番ですよ。

時間や日にち、 楽しみにしている人もいる反面、気を使っている人もいると思います。

産後の回復を促す意味でも、その人のペースを大切にしてあげてくださいね。

そして、産後のママは、大切にしてもらってくださいね。

赤ちゃんかわいいで、お母さんは二の次になってしまいますから。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

花粉を寄せ付けない!

辻内 敬子 2016年02月10日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

花粉の季節が到来したようですね。

花粉症の対策はできていますか?

服をはたいて家の中に花粉を入れない工夫と 服に吸着させない工夫が大切です。 mask_woman

洗濯物も、ぱんぱんたたいていれるようにしたり、 外に干さないようにしましょう。

お父さんやお母さんが花粉症だったり、 家族の中でアレルギー体質の方がいるなら 子どもも花粉症の可能性もあります。

ぐしゅぐしゅ鼻汁がでたり、 目をこすったりするようなら、早めに予防対策をとりましょう 。

外で着るものは、洋服は毛のものや、毛羽立ったものは花粉を吸着しやすくなりますから、 ナイロンなどのつるつるしたものがよいそうです。

アトピーの場合も、着るものに注意が必要ですよ。

綿製品やつるつるした布でできた服や羽織るものを着せましょう。

帽子もつるつるや綿に替えていきましょう。

お母さんの洋服は、毛糸のものを脱いで下さいね。

セーターやウールのものは、花粉がつきやすいです。

子どもにもお母さんの着ているものの花粉がついてしまいます。

大人も子どもも衣服に注意しましょう。

帽子で髪の毛につく花粉も防御、大人はマスクやめがねができるけど、 小さなこどもはできにくいかな。

親の服から、花粉を子どもに吸わせないように、 服装を気をつけて、吸わせないように注意してあげましょう。

体の免疫力を高めていくという意味でも、お灸によるセルフケアもお勧めしています。 ご相談下さい。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

ありがとう、ありがとう

辻内 敬子 2016年02月08日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

いつも、ありがとう、ありがとう、の気持ちで過ごしたいですね。 itumoar

赤ちゃんが、産まれた時には、かわいくて愛おしくて、 じっと見つめていたい時間。

毎日すこしづつ、大きくなる手の指、

足の指 寝返りができるようになって

ハイハイができるようになって

そしてはじめてのお誕生日が来て

愛しの子どもは歩けるようになる。

子育てに自信なんて最初からないに決まっている。

途中で、育児放棄もしたくなるかもしれない。

でも、天からの預かり物を育てさせてもらっているんだと、

まだ修行が足りない!と、言われているに違いない!と

仕方ないとあきらめ、子育てを楽しむことが必要なのかもしれない。

何が難しいかって 自分の思うようにならない子どもを知ることだと思います。

それは、自分が成長することにつながると思います。

毎日、生きていること、共に大きくなっていくこと、 一緒にいること、

を大切にして、過ごしてください。

人と一緒に過ごす時間はいっときと思いますから、

ありがとう、ありがとう、って、いいながら過ごしてみましょう。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

辻内敬子のレディース鍼灸:詳しい情報・お問い合わせはこちらから!

研修生募集の件

小井土 善彦 2016年02月08日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の小井土善彦です。

風邪やインフルエンザが流行し始めています。花粉も飛び始めたようです。寒暖の差が大きくなるこの季節。元気に過ごしたいものです。

さて、すでに何人かの方々からお問い合わせをいただいています研修生の件ですが、 1週間に2日以上を条件のひとつにしています。 前回の記事にそれを記載していなかったため、ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。

まだ、募集していますので、産婦人科領域の鍼灸治療やその領域の臨床研究にご興味のある方は、お問い合わせください。

blog_import_4dd62800a3f2a

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室