小井土院長ブログ

子どもは親の鏡、親子で元気になってね

辻内 敬子 2016年03月28日

IMG_7149

赤ちゃんは、お母さんとの触れあいの中から安心がはぐくまれて育っていきます。

鍼灸マッサージ師として「赤ちゃんマッサージ」や「小児はり」を行っています。

赤ちゃんの体をみていますが、そこは、赤ちゃんの症状だけにとらわれず、お母さんもみていく必要があります。母子は一体。

お母さんの精神状況や身体状況を映す鏡のような存在でもある子ども時代を、私たちはしっかり理解して、治療にあたりましょう。

お母さんの不安を少しでも緩和できるように頑張りましょう。

母子支援に関わる鍼灸マッサージ師としての役割は期待されていると思います。

私たちは、常の赤ちゃんを赤ちゃんだけとしてみるのではなく、いつもお母さんと一緒に母子一体としてみることが必要なのだそうです。

胎内からの記憶を持って出産、その後はお母さんの顔を見て安心し、そして関係性を学んでいくのだと、聖マリアンナ医科大学の堀内先生から学びました。

 

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

 

週末はお灸でお疲れリセット術を

辻内 敬子 2016年03月26日

クレヨンハウス1

週末はお灸しよう。

からだもこころも潤う週末にしたい貴女にぴったり!

火を使うから最初は怖いと思う方がたくさんいます。

そんな時には、全国にある鍼灸院のどこかでお灸教室を開催していますから、そこに顔を出して、MY,tuboを処方してもらってはいかがでしょうか。

もちろん、凝って辛いところにお灸をしてもいいのですが、

それでは、ちょっとは良くなったけど、すぐ元に戻ってしまう!という対処法と代わりません。なぜ、そこが凝っているのかを、改善するように手当していく術がわかると、

お疲れのリセット術が楽しくなりますよ。

P70 ~掲載されています。月刊クーヨンの別冊7号2012年発売

 

陥没乳頭手当は妊娠中から行いましょう

辻内 敬子 2016年03月25日

 
母乳育児
妊娠中は、急激に大きくなるおっぱいの形が気になります。
 
産む前から、産むための身体作りとおっぱい育児にむけて、
 
私たち鍼灸師は身体のプロとして、産むことを選んだ女性を応援しています。
 
肩こりや背中のこりを緩和しておくことも、母乳育児には大切です。
 
陥没乳頭や乳頭が硬い場合には、伸びがよくなるように、
 
背中のこりの緩和や冷えや貧血の改善も妊娠中には積極的に図っていきましょう
 
助産師さんにも相談してみてくださいね。
 
出産したら、誰でもすぐに母乳が出ると思っていますが、準備が必要です。
最初の入院中の練習が肝心です。
 
産んだ病院で、母乳の分泌が確率する時期におっぱい合宿をするように
 
ママ同士、赤ちゃんとママが一体となってがんばる合宿があることで
 
産後、退院してからが、おっぱい育児への導入がスムーズにいきます。
 
産む病院選びも大事な視点だと思います。
 
赤ちゃんにやさしい病院は、赤ちゃんとお母さんを支えてくれると思いますよ。
 
妊娠中から、おっぱいケアをしていくことは、母乳のトラブルや分泌をよくすること、
 
おっぱいが詰まりやすくならないためにも必要です。
 
遠慮無く相談してくださいね。
 
辻内敬子のレディース鍼灸:詳しい情報・お問い合わせはこちらから!

ベビーマッサージ教室開催します

辻内 敬子 2016年03月25日

baby_massage

はいはい前の赤ちゃんとママのためのベビーマッサージ教室&つぼ療法を開催します。教科書は、「0ヶ月からのベビーマッサージ&つぼ療法」です。テキストとして使います。

教室は2日間の参加で1コースになります。4月13日、20日の午後1時30分から70~90分です。

教室では、月例と皮膚の状態に応じた触れ方のマッサージを1回目に

2回目は気になる症状や風邪などの時に応じて行うマッサージをお伝えしていきます。

新米ママは夜泣き、便秘はじめ、鼻づまりなど、気になることがたくさんあります。そんな悩みにお答えしながら、楽しく触れあいのマッサージを行いましょう。

おねしょマット(おむつ替えシート)、バスタオル(裸にして行います)、おむつなどご用意ください。

申し込みはイベント欄を確認の上、メールでお申し込みください。2日間参加できるとよいと思います。

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

 

 

春の食欲旺盛はストレスとも関係しています

辻内 敬子 2016年03月24日

IMG_0397

花見の季節はすぐそこに来ていますね。花見といえば花見見物。

春は、食欲が旺盛になってしまいがちの方もいます。

それは、ストレスを感じていると、空腹時の時に出るホルモンが分泌されて、お腹がすいたと勘違いしがちになり、食欲が沸いてくるのです。

春は、気分のむらも激しくなりがちです。

また、環境の変化がいらいらや不安などのストレスをより高めていきますから、

空腹を招き、食欲旺盛になっている場合があります。

来週のお花見の予定をたてる前に、今の状況を振り返っておきましょう。

ストレスが高ぶっている状態の空腹感だと感じたら、大きく深呼吸、そして水分補給をします。ゆっくり、口に含んだ水や白湯を口の中で少し含んでから飲んでいきます。

よく歩きましょう。春は歩いてストレス発散。

そして、何よりも自律神経を整える役割を果たす、鍼灸治療もおすすめです。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

 

妊活中の冷えや肩こりにもお灸

辻内 敬子 2016年03月23日

 okyu douga

不妊治療中の方にも積極的な身体の改善に取り組んで欲しいと思っている鍼灸院です。

そこで、お灸ならなんとかやってみてもいい!!と思ってくださる場合には、

こんな、ほんわか、温活というのでしょうか、温かいお灸をします。

これなら、熱くなく、気持ち良いと言ってくださる方もいます。

それから、いろいろなお灸を紹介し、つぼ処方を行い、自宅でお灸ができるようにお手伝いしていきます。

逆子が治ってくれるように祈り続けて

辻内 敬子 2016年03月23日

IMG_0971

二人目妊娠中のの妊婦さんで、一人目の妊娠中に逆子になったは、

一人目の健診ごとに治らないという不安をなるべく早く改善したいという思いで、

逆子と診断された28週ぐらいには、鍼灸治療にお見えになる方が多いようです。

逆子だけでなく お腹の張りや頻尿、夜間排尿回数が多い、食欲が多い、便秘、

肩こりなどが 一緒に改善していく傾向になることもご存じなので、

一度でも鍼灸治療を利用したことがある妊婦さんは、

次回妊娠時も利用してくれる方が多く、うれしく思います 。

だから、逆子と言われたら、早めに鍼灸治療を利用していただき、 逆子も治し、体調も整えていってください

それが、お腹の赤ちゃんにも、ママである妊婦さんにとっても 大切であり、心配や不安の解消につながると思います。

鍼が怖い人はお灸だけでも治療できます。

逆子、足の浮腫や冷え、お腹の張りがあるかたなど は、試してみてはいかがでしょうか

せりえ鍼灸室でも逆子で 鍼灸治療を利用された皆さんからのアンケートの協力を得てきました。

逆子を直すために利用した場合でも 、身体は元気になり、頻尿や腰痛、肩こり、冷えなどマイナートラブルという症状が改善していきます。

それは妊婦さんにとって出産時にもよい影響を及ぼすのです。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

日本助産学会のセイリンブースでツボを紹介

辻内 敬子 2016年03月23日

jyosanngakkai

3月19日、20日と京都で行われた日本助産学会の商業ブースで、両日1時間程でしたが、ツボとツボ療法を紹介する機会を頂戴して、気になる症状へのツボケアを行ってきました。

お薬を飲まない方がよい時期でもある妊娠中のケアとして、「つぼ」はよく使われています。助産師さんたちの興味も関心も高い分野ですので、自分の身体のケアとして、ツボシールを知ってもらっう機会ができてよかったです。

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

 

背中の張りを緩和して背筋を伸ばすお手伝いは灸や鍼で

辻内 敬子 2016年03月18日

図6

 

お天気もよく陽気な1日になりそうですね。

背筋をのばして歩きましょう。

でも、背中が張っていたり、呼吸がよく吸えなかったり

胃腸の状態がよくない時にも背中が苦しくなりがちです。

そんな時には、お灸がおすすめです。

江戸時代から庶民の養生として取り入れられてきたものです。

やり方は習うと安心してできるようになります。

マイ つぼを処方してもらいましょう。

お灸教室は各地で開催されていますのでご利用ください。

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

春は気分の浮き沈みが激しい時

辻内 敬子 2016年03月16日

04

春は陽気の変動も激しく気分の抑揚も激しくなるときです。

卒業や就職、進級、転勤、転校、入学、いろいろな状況に、

精神的にも肉体的にも対応できる力をつけましょう。

お灸でメンテナンスのお手伝いをします。初めての方も安心してお出かけください。

明日3月17日にお灸教室行います。

対象は気分が不安定になっていて肩こりやイライラが激しくなっている女性です。

 

 

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室