小井土院長ブログ

» 小井土 善彦のブログ記事

汗と河津桜

小井土 善彦 2017年02月04日

横浜は、日に日に日が長くなり、日差しが強く感じるようになりました。

いつもの年よりも、季節の移り変わりが

少し早く感じられるのは、私だけでしょうか?

神奈川県の松田市では、東北や北海道では大雪と連日報道されているにもかかわらず、

早咲きの桜で有名な河津桜が咲き始めているようです。

 

http://www.kanagawa-kankou.or.jp/topics/sakura/hayazaki.html 

例年なら今頃は花粉症に関する情報をお伝えするところですが、患者さんのお身体を拝見していると、一足早く“汗”のお話をする必要があると思っています。

そこで、今年は早々と“汗”の話。冬から春へと移り変わる頃から、

身体は梅雨に向け汗をかきやすいようにゆっくり準備を始めています。

出始めはベタベタしたように感じる汗が、

サラサラ汗に変われば湿度の高い梅雨に向け身体の準備が整い、

そのまま夏の暑さにも順応しやすくなります。おしゃれも大切ですが、

汗が出にくく夏バテを繰り返している方は、温かくなったからと言って、

急に薄着になり身体を冷やさないで、

服の脱ぎ着をこまめに行うようにしてみてください。

5月の連休までに汗が出る梅雨バージョンの身体にしておきましょう。

汗が出るタイミングや速度は、人により様々ですので、

自分の身体と相談し自分にあった無理のない方法を見つけてみて下さい。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

映画のお知らせ

小井土 善彦 2016年12月05日

http://www.kinenote.com/concussion/

私が調査研究を続けている「軽度外傷性脳損傷(Mild traumatic brain injury:MTBI)」に関連する小説が上映されています。主演はウィル・スミス。映画で取り上げられたCTE(Chronic Traumatic Encephalopathy:慢性外傷性脳症)」は、脳しんとうなどの反復性の負荷による脳損傷で、今まではその程度では脳へのダメージはほとんどなく、回復すると考えられていました。アメリカではアメリカンフットボールの選手会と球団との間で裁判が続いてることをご存じの方もいらっしゃると思います。私が日本の実態を調査したところ、単回(例えば一回のむち打ちや転倒で、意識障害がごくわずかにあるかない程度)であっても、身体的障害や精神的障害が長期にわたり残存する可能性が示されました。WHOは、2004年にMTBIの研究を進めるように世界に呼びかけていますが、日本ではほとんど知られていません。それどころか、MTBIではそのようなことは起こるはずがないと主張し続けている医師も存在しています。事故のあと生活が破壊された被災者は、体調不良の原因がわからず複数の医療機関を受診し、医師から詐病と診断されている例もありました。初期の対応は、予後にも影響します。脳しんとうなどによる脳損傷の予防や対応策の検討がされないまま、柔道など武道の義務化が進められている中学生の健康への影響も危惧されます。研究が進んでいるアメリカでは、サッカーのヘッディングも子どもには禁止されています。幼児乳の揺さぶられ症候群とともに、スポーツにおける脳へのダメージも、もっと認識されるように、学会などで報告を続ける予定です。

報告 第39回日本脳神経外傷学会に参加し発表してきました。

小井土 善彦 2016年03月04日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の小井土善彦です。

2月26日~27日にかけ、仙台で開かれた第39回日本脳神経外傷学会にて「日本における軽度外傷性脳損傷患者の実態調査-受診した医療機関の種類、数、診断名について-」という演題で発表してきました。

図2

その際は、休診してしまい大変ご迷惑をおかけしました。

発表も無事に終わり、日本ではまだほとんど知られていない軽度外傷性脳損傷患者の大規模で長期的な実態調査を実施するこが大切であると報告してきました。

始めて参加する学会でしたが、関心を寄せておられる先生方ともお話ができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。

図1

次は、6月の日本リハ学会での発表に向け、準備をすすめる予定です。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

研修生募集の件

小井土 善彦 2016年02月08日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の小井土善彦です。

風邪やインフルエンザが流行し始めています。花粉も飛び始めたようです。寒暖の差が大きくなるこの季節。元気に過ごしたいものです。

さて、すでに何人かの方々からお問い合わせをいただいています研修生の件ですが、 1週間に2日以上を条件のひとつにしています。 前回の記事にそれを記載していなかったため、ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。

まだ、募集していますので、産婦人科領域の鍼灸治療やその領域の臨床研究にご興味のある方は、お問い合わせください。

blog_import_4dd62800a3f2a

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

研修生募集

小井土 善彦 2016年01月24日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室の小井土善彦です。

当院は、新年度に向け研修生を若干名募集します。産婦人科領域の鍼灸を学びたい方(当院の事情により女性に限定させていただいています)は、奮ってご応募ご応募ください。現在は、鍼灸の免許を取得している助産師、臨床検査技師、専門学校生です。ご希望の方は、メールかお電話でご連絡ください。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

新年のごあいさつ

小井土 善彦 2016年01月07日

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

1月とは思えない暖かい日が続いています。横浜ば、今日もマフラーの必要がなく、コートの襟を立てなくても歩いていられました。それでも空気は乾燥しています。うがいや手洗いを励行して、風邪を予防しましょう。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

ご挨拶

小井土 善彦 2015年12月25日

今年もせりえ鍼灸室をご利用いただきましてありがとうございました。
12月30日〜1月3日までお休みします。新年は1月4日から営業を開始します。
「健康は宝」と申します。皆さまの体を整え、心も軽く過ごせるように、鍼灸で健康増進、病気回復や認知症予防、不妊予防など予防医学としてもお手伝いをします。

1992年の開業以来、25年目のせりえ鍼灸室をどうぞよろしくお願い致します。

せりえ鍼灸室
院長小井土善彦 副院長辻内敬子

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室