小井土院長ブログ

» 辻内 敬子のブログ記事

油断大敵、新型コロナ。コロナにかからないための自助努力

辻内 敬子 2020年03月30日

こんにちは せりえ鍼灸室のツジウチです。

新型コロナ感染により、タレントの志村けんさんが亡くなったと報道されています。

衝撃な出来事ですね。

元気だったイメージしかないのに、入院されたと思ったらお亡くなりになってしまったのです。

901000028

私たちも、見えないものには、油断しがちです。原発事故の放射能汚染のように!

自分でできる感染防止の対策をしっかりとっていきましょう。

しっかり食べる。よく寝る。早寝早起き、そして食事を摂ること。

20180909_212837-1.JPG

コロナ対策は、自分の免疫力をあげておくことも重要ですね。

結核予防でお灸を勧めたお灸博士の原しめたろう先生の習ってお灸をしましょう。

足三里に!腰にもお灸をしていたそうです。

 

子どもと遊ぼう、遊びも小児マッサージもしましょう

辻内 敬子 2020年03月28日

こんにちは せりえ鍼灸室のツジウチです。

お子さんと一緒に遊んでいますか?

こども199920110725222848_014

鬼ごっこ、トランプ、思いつくものが少ない!!

私は、自分の事がしたいので、子どもが一人で静かに遊んでいると喜んでパソコンに向かっていました。

子どもが小学校を卒業するときに言った言葉があります。

「いろんなところに連れていってもらってすごく楽しかったけど、

もっと一緒にトランプしたり、

公園で自転車乗りをみてもらったりしたかったなあ」

日常生活の中で、一緒に過ごす時間が大切なのだと知りました。

今、室内で遊ぶ時間が多くなりがちですが、ぜひ一緒に体を使う遊びをしてみてください。鬼ごっこはお勧めです。走るから!です。

子どもの体のバランスが良くなります。

そして、たくさん遊んだ夜は、眠りにつく前にマッサージごっこもいかがでしょうか。

子どもには、子どもマッサージと共に、小児はり(子どもはり)もあります。

キーキー言い出した、なんか落ち着きがない、泣きわめく、

子どもの表情やしぐさが少し変化したときにはご相談ください。

子どもも親や周りに気を使っています。

肩の荷を下ろしてあげましょう。

ご相談くださいね。

こども200020110725223126_009

第34回日本助産学会学術集会WEB学会参加しています

辻内 敬子 2020年03月21日

こんにちは せりえ鍼灸室のツジウチです。

新潟でこの3月21日~23日まで開催予定だった

第34回日本助産学会学術集会は新型コロナ対策にて開催は中止となり、

WEB学会となりました。ところがなんと2200名程度の参加となり、開催されています。

いつでも見られて、何度でも見られることが幸いしているようです。

私たちせりえ鍼灸室も全員で参加する予定だった交流集会が、

今回はWEBで開催しています。

もぐさ処の紹介と助産師さんへのツボ療法の紹介です。

3月31日まで追加閲覧できますので、まだ見られていない方はご覧ください。

IMG_7328

5148eNXNhuL__SX354_BO1,204,203,200_

 

仲良くぶらぶら体操した後は散歩はいかがでしょうか

辻内 敬子 2020年03月18日

こんにちは せりえ鍼灸室のツジウチです。

熱さ寒さは彼岸まで、といいますが、今週は暖かさそうですね。

今まで、寒かったので固まっていた体だから、今日のような春の陽気になってきた時にはからだが重く感じますね。

色々なところにお肉もついてきていませんか。

さあ、春の陽気に誘われて、体をもっと快適にするように動き出しましょう。

そのあと、散歩にお出かけしみてはいかがでしょうか。

IMG_1279

まずは、頭クルクル回して、首をほぐしましょう。

次に、体をささえている足関節と手の関節をほぐしましょう。 すると歩くのが億劫でなくなってくると思いますよ。

いきなり立ってから始めると、こけやすいから、座ってからはじめてみましょう。(妊婦や足腰に痛みがある方、ひざ痛のある方)

①足をのばして座る。かかとに気持ちを集中してのばす。

②足の後ろ全体がのびるような気持ちで、ぐーとのばす

③ぽんとちからを抜く。その繰り返しを5回程度。

④つま先をのばす、その繰り返しを5回程度

⑤足首をぐるぐる回す、右回し、左回しを何度か繰り返す

⑥立って、片足ずつ、足首ぶらぶら回す。

⑦今度は、手首をぶらぶら回す。ぶらぶら体操

⑧その後、片腕ずつぶらぶら回す

⑨両腕持ち上げて、グーとのびをして、ばたんと腕をおろすを3回程度繰り返す ぶらぶらと、固まっていた関節からほぐして、いってね。

誰かに両手をもってもらい、ぶらぶら揺らしてもらうのも力が抜けて気持ちいいと思いますよ。

IMG_6336

このところ、手をふれあうこともないから、うらやましいなあ。

せりえ鍼灸室では、消毒してお待ちしていますね。

心身一如の東洋医学は体の疲れだけでなく心が疲れてきた時も

辻内 敬子 2020年03月14日

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

気持ちの変化は体に現れます。体がつらくなると気持ちもつらくなりがち。

食欲が落ちてきた、肩凝りがある、眠りにくい、ため息がでるなど、です。

どっちかのバランスが崩れてきたら、心身一如の東洋医学、鍼灸治療をご利用ください。

51FRpgCSGLL__SX345_BO1,204,203,200_

yagito

天気によって気分も左右されがち。
雨の日には、気分も沈みがち。
なんか重たい気分で、悲しいような、淋しいような気分の時には
思いっきり、悲しんで涙を流そう。

悲しみを涙が洗い流してくれるから。
あのときに、悲しかったこと、寂しかった時のこと、
みんな、みんな、思い出して、思いっきり泣いてみようよ。

人を責める前に、自分の悲しみと向き合おう
子どもは、悲しいことがあったらすぐに啼いて涙をながして
またすぐ笑う。
今啼いたカラスがもう笑った!というよね。

涙は悲しみを洗い流すから、悲しみを抱いていないで
たまには、心の奥底から取り出して、泣いて流そう。

気持ちは体に表れるんだよ。

誰かの手を借りてほくほくほっこりも大切ですよ。

 

冷えは、気の巡りも血のめぐりもバランスを欠いている状態と考えています

辻内 敬子 2020年03月06日

こんにちは せりえ鍼灸室のツジウチです。

以前、不妊クリニックにて、「不妊と鍼灸」についてお話させていただく機会をもらいました。

2018年5月のJAMAという権威ある医学会雑誌に投稿された見解では、

妊娠率と出産率に影響を及ぼさなかった!という結果が報告されてしまいました。

私たち鍼灸師には、臨床的に手応えを感じている不妊患者さまがいる一方で、

研究になると、分母をそろえたり、条件を一定にするなど、難しいのが臨床研究です。

この研究の結果の考察では、新鮮胚移植と胚盤胞移植の方が混在していて、研究対象者にばらつきがあったことなどが報告されています。

また、研究を辞退して、自分で地元の鍼治療院にかかりだしてしまった方もいたことも述べられていますし、短期間の研究機関であったことなど、まだまだ内容を精査していかなくてはならないようです。

 

 

e3d9aa6b

 

冷えが不妊に関係しているかという論文では、冷え症の方は、不妊症の方の中には、半分程度とする報告があり、冷え症の人は不妊である、ということにはできないのですが、

冷えた状態は、良くないと考えられてきています。

ぜひ、冷えを感じている人は、冷えを追い出すように取り組んでいきましょう。

まずは、運動です。

Y&K20110919112259_010

東洋医学的に冷えを説明すると、

陰陽二つの気が体内を循環しています。

それらが身体を循環しているので、身体は温かくなっているのですが、

陰気は冷たいところを好み、陽気は暖かいところが好きなので、足もとが冷えてしまいます。

冷えていると、冷たい足元から陰気は上に上ろうとせずに、陽気は暖かい上半身から下がってきません。気の巡りが悪い状態です。

そして、血と気は一緒に巡っていますので気の巡りも悪くなると考えます。

血と気の巡りをよくするには、歩くことが大切ですよ。

妊活お灸

 

冷えの種類、足のほてりは?!

辻内 敬子 2020年03月05日

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

冷えが注目される最近ですが、足が火照っているから冷えとは関係ない!と思われる方がいます。

IMG_1015

足のほてりは、靴下は穿きたくないし、エアコンの効いた電車も素足が気持ちよいという場合もありますまた、お布団に入れば足を出していないと眠れない!などの症状もあります。

もちろん飲み物も冷たい物が大好きですし、のどを通らないといいます!

改善したいというなら、冷たい飲み物は控えましょう。

冷たい飲み物は10日間ほど、控えてみてください。変化してきますよ。

IMG_5935

季節の野菜を冷やさないで食べて、口の熱冷ましにしてはどうですか!

また、足のほてりがあっても、靴下を脱ぐ、あるいは足を出さずに寝るようにしてみてください。

夏までに、冷たいものを控え、暑い夏でも耐えられるような体、すなわち、汗が出る体を作りましょう。

鍼灸室ではそのようにお手伝いしていきます。小さなこともご相談ください。

 

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

培養士さんから不妊治療で果たしている役割についてお話をしてもらいました

辻内 敬子 2020年03月04日

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

新型肺炎コロナ騒ぎの中でしたが、万全なる準備をして、2020年3月1日の学習会に参加しました。

テーマは不妊治療です。

P1050720

第1題目は、みなとみらい夢クリニックの培養室長の家田祥子先生からのお話でした。

培養液はじめ、培養技術など、進歩してきている状況、技術上達のためのトレーニングなど、各種方面からお話していただきました。

不妊治療専門のクリニックをどう選択するかも必要になることがわかりました。

午後からは、小井土院長による「生殖補助医療の鍼治療のエビデンス」についての講演でした。

早く、不妊には鍼灸治療がいいですよ、という日が来るように私たちも頑張ります。

体調を整えること力を発揮しているので、ご利用くださいね。

5148eNXNhuL__SX354_BO1,204,203,200_

妊活お灸ご利用ください。

産後の子宮脱が続いている場合には

辻内 敬子 2020年02月23日

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

産後の子宮脱が話題になりました。子宮脱にも程度があります。

OIPRXGQC8YZ

産後直後に宮脱になっても、自然になおることが多いので心配しないでくださいね。

老年期に、子宮が飛び出してしまって困っている人もたまに治療させていただきます。

こちらも大変長い期間我慢している方もいて、驚かされました。

年齢が進んでいる場合には、手術が適応な方もいますので病院の受診すすめます

二人目出産後の産後の方は、上の子にも手がかかっていたので、

子宮脱はなかなか治らずに、産後4ヶ月も経ってしまっていました。

鍼灸治療を利用していただくと、快適な状態が3~4日続くようで、

そこで、次回の治療の合間には、自分でもできることをお願いしていきました。

赤ちゃんと上の子と一緒の昼寝もそうです。

さらに、頭のてっぺんの百会にお灸は治療室で行い、

会陰部やお尻には、貼るカイロや湯たんぽを用いて温めたりもしてもらいました。

下半身が寒くて震えるような状態だった女性ですが、

下腹部も下半身も温めてもらい、温かい番茶をのんでもらいました。

子育ても回りの方の手を借りてもらうようにお願いしました。

子宮脱は、早めに手当、養生していきましょう。

A4ADA4E2A4C1A4A4A4AAB5E4

風邪を引いた時の対処法

辻内 敬子 2020年02月07日

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

コロナウィルスの拡大に、私たちも不安に思うことがたくさんあります。

手洗い、マスク、うがいをしていきましょう。

風邪を引いたときには、温かくして寝るのが一番です。

moguda

風邪かなって思ったその時、引き始めに、素早く対処するのがさらに効果的ですよ。

自分で、ぞくぞくしてきたり、ひやっときた感じがあったり
ひきはじめだと感じた場合には、とにかく早めに眠りにつきましょう。
疲れがたまってきたときに、風邪ってひきやすいものですからね。

*のどが痛くならないうように水分を十分にとって、寝るときにもマスクしましょう。
*室内を温かく保ちましょう
*消化のよいものを食べましょう。おかゆもうどんもいいですね。
*くだものもとりましょう。水分あると食べやすいですね。
 ビタミンCも必要ですね。
*咳が出ているときには、みかんは食べ過ぎないようにね(そういわれているからで本当かどうか調べてないです、ごめんなさい)
*熱が出ている場合には、マメに着替えてね
*うがい、手荒い、マスクをしよう

風邪は休めという証拠、ゆっくり休養してください。

風邪予防、風邪が治りにくい人は、鍼灸治療をお勧めします。

ご相談ください。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室