小井土院長ブログ

10代女子の訴えの多いのは腰痛、月経痛、肩こり、目の疲れ

辻内 敬子 2016年02月03日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

以前、10代の女性とお母様の親子で体験「つぼ療法&お灸教室」を開催しました。

娘さんの、月経痛や肩こり、腰痛、冷え症を心配して お母様が申し込んでくれました。

(この子も大きくなったら、お灸を好きになってくれるとうれしいと思っています) IMG_0935

当院を10年以上利用してくださっているお母様も、

お嬢様の肩こりの解消のために申し込んでくださっていました。

怖がっていた娘さんも、お母さんと一緒で同じ中学生や高校生もいると安心してくれたようです。

みんなで個別のお灸のつぼ処方をして、参加者にお灸を体験してもらいました。

お灸の効果を実感してくださった方、肩こりが楽になった方などがみられました。

鍼灸院へ来るのは不安があったし、お灸も怖かったようです。

でも、お灸をしてみようかなって思ってもらえたのは、いろんな人がお灸をしているということを知ってくれたからです。

年寄りのものではない!中学生も赤ちゃんからお年寄りまで、結構幅広い年代の方が取り入れてみていると知ってくれたからでした。

私たち鍼灸師の宣伝不足のようですが、今後も親子でお灸を行ってみたいという家族を増やしていきたいです。

それが健康を考えることにつながっていくと思いますので。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

妊娠期の足元が危ない時の運動は

辻内 敬子 2016年02月03日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

「毎日雪ばかり降って、散歩に行くにも神経使うし、寒くて、お腹張るし・・・」という北国の妊婦さん。

雪が降っては外歩きなんて出来ないから大変です。 yjimage

妊婦さんクラスでは、足元が冷えていて、お尻も冷たい人がいますね。

お腹が冷たいときには、お腹も張りやすいようです。

寒いと感じたら、やっぱり腰を巻く、足元を巻くなどして、外からの冷えを入れないことですよ!

歩くと温かくなって気持ちいいですが、雪が降ったりしたら足元が危ないので気をつけてくださいね。

ショッピングセンターとか、デパートとか屋根があるところを散歩してください。

また室内でお勧めするのはスクワットや体操、ヨガです。

やはり、適度や運動は必要です、温水プールもいいけどね~~

室内でも、できる運動はあるよね!

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

咳や喘息時には煙の出ないお灸があります

辻内 敬子 2016年02月01日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

小さい時に小児ぜんそくだったけど、大きくなったら治っていたQ様。

妊娠したら、せっかく治っていた喘息様の咳が出始めてしまったそうです。

風邪をひいてしまい、咳が止まらないので、病院を受診したら、「喘息ですね」と、言われたそうです。

私はセルフケアとしてお灸をすすめていますが、喘息の方や煙が苦手という方には、煙の出ないタイプの「無煙灸」や火を使わないタイプの煙の出ないお灸をすすめています。 IMG_3868

妊娠すると、体はがんばるから、いろいろなところにひずみがでてきてしまいます。

たまたまそれが、自分の弱いところである呼吸器に現れてということですね。

喘息がでてくるということは、その方の免疫力の低下ですから、体の元気を持ち上げるためにも、はりきゅう治療をはじめ、休養が大切です。

上にお子様がいるようでしたら、誰かの手を借りてください。

また皮膚のバリアを強めていくことも大切ですから、そっと手足をマッサージがいいですよ。

やはり自分でやるよりも、夫くんの手がいいと思います。

手足の手から肘ぐらいまで、足先からひざぐらいまで、なにもつけなくても大丈夫ですからなでなでしてみてください。

そしたらむくみのチェックもできますよ。

たばこを吸っている夫くんは、この際、妻のためにも産まれてくる赤ちゃんのためにも禁煙です!

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

美味しいおっぱいは妊娠中から作りましょう

辻内 敬子 2016年02月01日

母乳は、お母さんが食べたもので作られています。

赤ちゃんは、お母さんから飲むおっぱいを美味しい!幸せ!と、感じて飲んでいます。 oppai

おっぱいに良い食事は、産んでからではなくて、産む前から始まっています。

出産前から、自分のためにも、赤ちゃんのためにも、食事内容を見直してみましょう。

赤ちゃんはいつでも、お母さんに抱っこされて飲むおっぱいが美味しいと感じています。

お母さんが高カロリー食を摂ると、おっぱいが張ってくるという場合があります。

食事は、お母さんが美味しいと感じるものを召し上がってください。

最初は乳房が張ってくる時期ですから和食中心がよいと思いますが、その後は、詰まりにくい人は何を食べてもよいと思います。

詰まりやすい人は、自分で注意して観察していきましょう。

赤ちゃんのためにいいおっぱいを出そうとするあまりに、牛乳飲んでいるママさんがいます。牛乳を飲むママは、おっぱいをもっとたくさん作りたいと思っていたり、おっぱいの質をよくしたいと思っています。

牛乳でなくても、美味しい食事を食べてくださいね。

産後のおっぱいのトラブルで助産師さんから紹介されてくるお母さんは たいがいが繰り返すおっぱいトラブル。

妊娠中に乳製品や固まる油物が好きだった方が多いようです。

乳製品が骨を強くする、乳製品で乳を作ると考えるのではなく、たくさんの種類のものをバランスよく食べてくださいね。

赤ちゃんは授かり物、預かり物

辻内 敬子 2016年01月30日

横浜で不妊の鍼灸治療、妊娠・出産の鍼灸治療、産後ケアを行っているせりえ鍼灸室の辻内敬子です。

赤ちゃんは神様からの授かり物だから。

一人の人間ですから、男でも女でも大切に育ててください。 Chrysanthemum

気になる赤ちゃんの性別。

妻が妊娠してすぐに性別が気になる男性は少ないかも?! 

でも妻にとっては結構早くから性別は気になるもののようです。

また、じじ、ばばという周りがすごく騒ぎやすいのも事実。

お腹の中の赤ちゃんが動き始めると、妻は特に性別が気になる出すらしいし、エコーで確認したくなるようです。

名前をつける上でも、洋服を買う上でも知りたいと思うのはわかるが、ありがたく授かった命と思って、神妙に受け止める夫くんでいて欲しいと思います。

赤ちゃんは、二人の精でできたもので、母の生を受けて大きく育っている。

二人のパワーを受け継いで、大きくなりうまれでるという試練から、世に誕生した瞬間を思い浮かべたら、男だったらよかったや、女だったらよかった!は禁句。

想像を働かせて一緒に成長する楽しみをもとう。妊娠中の元気をあげる身体には、非薬物療法である鍼灸との相性がいいですよ。ご利用ください。

ご対面を夢みて。妻の不安には、どっちでもいいんだよ、二人の子どもだよ、動じない夫でいて欲しい。

横浜で不妊鍼灸、妊娠・出産・産後の鍼灸。腰痛逆子ケアの鍼灸を行っているせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

花粉の症状は目のかゆみ、鼻水、鼻づまりですか

辻内 敬子 2016年01月30日

花粉症の症状は様々ですが、特に多いのが鼻水、鼻づまりでしょうか。

目のかゆみもありますね。

図3

花粉症の季節でも、つぼ療法を続けていると症状が軽いと言ってくださる方がふえるのがお灸を据えることです。

お灸を古い、こわい、めんどうくさいんじゃないの?などと思わずに鍼灸院にご相談ください。

免疫力が高まってくるのでしょうか。いいと言ってくれる方が増えます。

そして、お薬を使わないですむので、妊婦さんにお灸を勧めています。

体が暖まってきて、鼻水が垂れなくなるのでしょうか、あるいは鼻の粘膜も丈夫になっているのでしょうか。

鼻水や鼻づまり症状が少しいいといいますよ。

足元が冷たくないというのも大切です。

花粉症の鼻症状には、親指と人さし指の間のツボを指圧してみてくださいね。

もちろんお灸していただいてもいいです。

お灸は最初は鍼灸師に教わるほうがいいと思います。 それからセルフケアしてみてくださいね

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

妊娠中の煙草と禁煙

辻内 敬子 2016年01月29日

今までたばこを吸っていたUさんは妊娠が判り、禁煙できました。

長年にわたって吸っていたたばこを、おなかの赤ちゃんの成長のために辞めたのは素晴らしい!

おなかの赤ちゃんも生まれて育っている赤ちゃんも苦しいのは一緒ですからね。

 

 

 

禁煙への耳鍼療法などはアメリカでは行われているそうですが、妊娠中は行いません。

IMG_0022

これまで吸っていたのを止めるのた大変な努力が必要だったと思います。

妊娠中に喫煙を続けていると、胎児に供給される酸素や栄養が少なくなって赤ちゃんは苦しい!ということです。

そして、低体重児や早産、流産のリスクも高くなることは周知されています。

「百害あって一利なし」と言われています。

だから禁煙はとってもすばらしいことなのです。

もし、夫くんがたばこを吸っていたら、受動喫煙になります。

この際一緒にやめてはどうでしょうか。その分、子育て費に回すのも良い案です。

禁煙への耳鍼療法などはアメリカでは行われているそうですが、妊娠中は行いません。

耳鍼と鍼の併用は勧められていないからです。

妊娠前に辞めるようにするのが一番ですね。

妊娠中にたばこを吸っているとどうなるかを、第10回いいお産の日のイベントに参加された日本薬剤師会の方々が(すこやか親子21推進委員会課題2に登録されている団体です)、見本を展示してくれたいたことを記憶しています。

今も手元には、「いや、たばこの煙」という小冊子がのこっています。  

産後ママの足元は冷えていませんか

辻内 敬子 2016年01月29日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

寒い室内では、1日中暖房をつけていても足元は冷えますね。

赤ちゃんのお世話に一生懸命であればあるほど、気づかない場合があります。

汗かきながらの授乳になっているのではないでしょうか。 IMG_1276

フローリングの床は特に足元が冷えています。

産後の授乳中のお母さんは、足もとの冷えを感じにくくなっていませんか。

赤ちゃんがあったかいので、冷えを感じにくいということがあるかもしれません。

暖房の風に当たり過ぎに、足もとにはレッグウォーマーをつけて、冷え防止に取り組んでくださいね。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

花粉症のつぼ療法には

辻内 敬子 2016年01月29日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

花粉症の話題がでてきています。

マスクは必需品ね。 その他に、いつでも手軽につぼ療法。

鼻づまりや鼻水が垂れる方におすすめです。合谷、手にあるつぼを刺激します。

鼻のつまりがある方は、頭全体のマッサージもおすすめします。もちろん百会でもOK。

ごう国

つぼ押しでもOKです。  体の中から花粉症予防をおすすめしています。

血流をよくすることで、鼻の通りをよくし、体の免疫力を高める東洋医学を試してみてください。

まずは全身の血行をよくすることが一番大切です。

免疫力をアップするので対応力が効いてくると思ってください。

鍼は、花粉症を引き起こしやすい体を改善していくように働きかけていきます。

鍼が怖い場合には、つぼ療法やつぼ刺激法などありますからご相談ください。

体全体に働きかけので、冷え症の場合にはそれらの症状も強くなりがちです。

お灸も対処法としてすぐれていますから、一度、鍼灸院で相談してみてくださいね。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

産後直後の汗かきさんは汗防止を

辻内 敬子 2016年01月28日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

出産後直後に汗がたくさん出る場合には、風にあたるなどを避けてくださいね。 IMG_0959

産後直後の汗は大切な体を冷やしますし、余分な疲労になります。

早く汗がとまるようにするのが大切です。いつまでも風に当たりすぎない

半袖で過ごさない、薄物を羽織るなどをしてみて欲しいです。

自分では無理な場合には、鍼灸治療を利用して欲しいと思いますが、難しい時期です。

ですから、汗をかいた場合には、すぐに拭いて着替えてください。

冷えますので、気を付けてくださいね。産後は冷やさない、汗をかかないからだが大切です。

出過ぎている場合には、遠慮なく相談してください。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

辻内敬子のレディース鍼灸:詳しい情報・お問い合わせはこちらから!

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室