小井土院長ブログ

男性不妊は、働き過ぎにご用心

辻内 敬子 2016年02月12日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

Pさんご夫婦は結婚○年の仲良しご夫婦です。

hirou

夫君は、日々仕事も遅くまで頑張っているそうです。 帰宅は深夜で、毎日お疲れのご様子。 

Pさんは、子どもができないと悩んでいました。

確かに結婚後、長い時間が経っていますし、病院へも通って治療もしていました。

夫君の精子にも問題があるそうでした。

日常生活が疲れていると、精子の数や活動率も波がでて、多い時、少ない時とあるものです。

元気な精子くんは、一匹でもいればいいわけです。疲労感も高まっていた夫君でした。

精子製造の体も同じ体、日常生活を維持することに、精力を使っている状態だったということです。

自分の疲れに比例して、精子くんも活動率が低下するというのはあたりまえです。

自分も、そして精子君も、元 気をだすには休養が大切です。

また、ストレスもあきまへん。 ストレスためずに発散、そんな時に、鍼灸治療は役にたつと思います。

鍼を怖がる男性が多いですが、妻から安心させてあげてほしいです!

痛くなく、熱くなく、気持ちいいものですよ、と。

そして、歩く、課題を歩く、駅まで歩くなどの運動を入れてください。

また、ストレスはそんなときもあるものさ!と早めに切り替えてください。

切り替えが苦手な方にも、針灸は自律神経を整えますよ。

精子くんと卵子ちゃんが出会うのは、お互いに健康であればこそ!です。

いそがしすぎるのも、考えものですよ。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

自分でケアするかぜと花粉症のつぼ療法

辻内 敬子 2016年02月11日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

クレヨンハウスが発行している、「いいね」という雑誌の 3月号の特集は、

「花粉症と風邪」です。

自分で行うつぼ療法を今回、鍼灸マッサージ師の辻内が担当しました。

モデルは当院のスタッフさんでした。

このたび、寿退社しました。

撮影は、せりえ鍼灸室を使用して、あっという間にスタジオに変身でした。

書店で、手にとってみてください。

かぜと花粉症の成り立ちは違っても、出てくる症状はおよそ同じ。

鼻水や目のかゆみ、などがみられます。

安保徹先生が、かぜも花粉症も免疫力がカギ!といいます。 免疫力をアップするための方法は、たくさんありますが、

 

4910032260364ー2

つぼ療法やお灸はもってこいです。 

「いいね」vol.23 かぜと花粉症のナチュラルケア クレヨンハウスから

特集「自分でケアするかぜと花粉症」の目次

・かぜも花粉症も免疫力がカギ!/安保徹さん(医学博士)

・症状をやわらげるツボケア/辻内敬子さん(鍼灸按摩マッサージ指圧師)

・旬の食材こそが最高の薬に/武鈴子さん(薬膳料理家)

・香りで過ごしやすく/楢林佳津美さん(アロマコーディネーター)

・じんわりハーブティー/ホリエエミさん(ハーバルセラピスト)

・自然素材でやさしくケアする かぜ・花粉症お手当グッズ

・かぜも花粉症もうるおいガード/神藤多喜子さん(助産師)

・薬を「毒」にしないために/林敬次さん(小児科医・「医療問題研究会」代表)

・「知ってるつもり」の花粉症/吉村史郎さん(耳鼻咽喉科医)

・気になるあれこれ女子トーク「ひねこぶたとひめこぶた」(文・落合恵子 絵・陣崎草子)

モデルは、当院のスタッフさんでした。撮影は、せりえ鍼灸室で行いました。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

 

出産後のお見舞い&お祝い

辻内 敬子 2016年02月11日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

出産おめでとうございます。

aki2

赤ちゃんを抱っこする、慣れない育児がはじまりました。

おっぱいを出すために格闘中。 出産直後は、「はい」の興奮状態しています。

一方 お産で疲労していますが、気持ちも高ぶって、元気に振る舞っています。

周りの人は、赤ちゃんの顔も見たいし、お母さんになった方へのねぎらいもあって, また、自宅に押しかけるには、疲れていて気の毒だろう、 病院なら長居をせずに済むから、病院へお見舞いに。 い

ろいろな理由で病院へ、出産祝いに出かける方が多いのが現状ではないでしょうか。

でも、病院内でのお母さんになったばかりの女性は、 おっぱい育児に自信がもてるようになるための一歩を踏み出し開始。

夜間授乳に備えるために、休む時間も必要です。

だから、時間は短めに。 ゆっくり、落ち着いた頃、

あるいは産後1ヶ月検診が終わって おでかけができるように元気になってからでも

本人といつお祝いに出かけていいのか、相談するのが一番ですよ。

時間や日にち、 楽しみにしている人もいる反面、気を使っている人もいると思います。

産後の回復を促す意味でも、その人のペースを大切にしてあげてくださいね。

そして、産後のママは、大切にしてもらってくださいね。

赤ちゃんかわいいで、お母さんは二の次になってしまいますから。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

花粉を寄せ付けない!

辻内 敬子 2016年02月10日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

花粉の季節が到来したようですね。

花粉症の対策はできていますか?

服をはたいて家の中に花粉を入れない工夫と 服に吸着させない工夫が大切です。 mask_woman

洗濯物も、ぱんぱんたたいていれるようにしたり、 外に干さないようにしましょう。

お父さんやお母さんが花粉症だったり、 家族の中でアレルギー体質の方がいるなら 子どもも花粉症の可能性もあります。

ぐしゅぐしゅ鼻汁がでたり、 目をこすったりするようなら、早めに予防対策をとりましょう 。

外で着るものは、洋服は毛のものや、毛羽立ったものは花粉を吸着しやすくなりますから、 ナイロンなどのつるつるしたものがよいそうです。

アトピーの場合も、着るものに注意が必要ですよ。

綿製品やつるつるした布でできた服や羽織るものを着せましょう。

帽子もつるつるや綿に替えていきましょう。

お母さんの洋服は、毛糸のものを脱いで下さいね。

セーターやウールのものは、花粉がつきやすいです。

子どもにもお母さんの着ているものの花粉がついてしまいます。

大人も子どもも衣服に注意しましょう。

帽子で髪の毛につく花粉も防御、大人はマスクやめがねができるけど、 小さなこどもはできにくいかな。

親の服から、花粉を子どもに吸わせないように、 服装を気をつけて、吸わせないように注意してあげましょう。

体の免疫力を高めていくという意味でも、お灸によるセルフケアもお勧めしています。 ご相談下さい。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

ありがとう、ありがとう

辻内 敬子 2016年02月08日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

いつも、ありがとう、ありがとう、の気持ちで過ごしたいですね。 itumoar

赤ちゃんが、産まれた時には、かわいくて愛おしくて、 じっと見つめていたい時間。

毎日すこしづつ、大きくなる手の指、

足の指 寝返りができるようになって

ハイハイができるようになって

そしてはじめてのお誕生日が来て

愛しの子どもは歩けるようになる。

子育てに自信なんて最初からないに決まっている。

途中で、育児放棄もしたくなるかもしれない。

でも、天からの預かり物を育てさせてもらっているんだと、

まだ修行が足りない!と、言われているに違いない!と

仕方ないとあきらめ、子育てを楽しむことが必要なのかもしれない。

何が難しいかって 自分の思うようにならない子どもを知ることだと思います。

それは、自分が成長することにつながると思います。

毎日、生きていること、共に大きくなっていくこと、 一緒にいること、

を大切にして、過ごしてください。

人と一緒に過ごす時間はいっときと思いますから、

ありがとう、ありがとう、って、いいながら過ごしてみましょう。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

辻内敬子のレディース鍼灸:詳しい情報・お問い合わせはこちらから!

研修生募集の件

小井土 善彦 2016年02月08日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の小井土善彦です。

風邪やインフルエンザが流行し始めています。花粉も飛び始めたようです。寒暖の差が大きくなるこの季節。元気に過ごしたいものです。

さて、すでに何人かの方々からお問い合わせをいただいています研修生の件ですが、 1週間に2日以上を条件のひとつにしています。 前回の記事にそれを記載していなかったため、ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。

まだ、募集していますので、産婦人科領域の鍼灸治療やその領域の臨床研究にご興味のある方は、お問い合わせください。

blog_import_4dd62800a3f2a

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

お互いに確認しあうお腹の固さと張り

辻内 敬子 2016年02月06日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

妊娠中のお灸教室では、同じ週数の妊婦さんや一人目、二人目、三人目、四人目と それぞれに違いのあるお腹をお互いに触れてもらっています。

0001

お互いに、お腹に触れて動く赤ちゃんを感じたり、お腹にお話したりすると、 仲良しになる場合があります。

大きなお腹に触れると私はとってもうれしくなります。

その中で、心配な張り、心配でない張りをお互いに確認してもらいます。

もちろん、静かに過ごしてね、といわれている場合やなるべく安静といわれた場合には、その理由を確認します。

セルフケアの際には、安静の方は自宅安静ですから、お灸教室には参加いただけません。

基本は、病院から許可を得て、お灸してもよいと言われたら、参加OKなんです。

お灸をすることで、お腹の張りが改善する場合もみられます。

改善しやすいお腹とゆっくり改善していくお腹について、お灸前後で、話あったり、ふれあったりします。 楽しいひとときを過ごしてもらっています。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

逆子と言われたらすぐ相談してね

辻内 敬子 2016年02月06日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

妊婦検診で、「逆子ですね」と言われるのは、妊娠28週です。

心配を長引かせるよりも、早く直ってくれるのが一番です。

 

鍼灸治療を利用してみてはいかがでしょうか! sakatyan

その前の検診から逆子の場合もありますが、あまり心配させないように、

そのうち直りますよと、言われるか、逆子でも言われない場合が多いようです。

逆子と言われたら、どきっとしますね。

逆子が直っている人がほとんどなのに、 私だけ、逆子!そんな気分でしょうか。

逆子もそのほとんどが直りますます。

妊娠28週に逆子の場合もその8割が直るといわれています。

もちろん、待っていただいてもいいのですが、

治療すると1割り増しぐらい直りやすくなるようです。(せりえ鍼灸室のデータ)

 逆子が24週ぐらいからわかった場合で、28週の時にも逆子なら すぐ鍼灸院で治療することをお勧めします 。

早い時期なら赤ちゃんは動きやすいです。

何度でもくるくるしているようなら、そんなに心配ないと思います。

鍼灸治療は、逆子の症状だけでなく、お腹の張りや頻尿、夜間排尿回数が多い、食欲が多い、便秘、肩こりなどが、一緒に改善していく傾向になります。

だから、逆子と言われたら早めに鍼灸で、逆子も治し、体調も整えていきましょう。

それが、お腹の赤ちゃんにも、ママである妊婦さんにとっても 大切であり、

心配や不安の解消につながると思います。

鍼が怖い人はお灸だけでも治療できます。

 逆子、足の浮腫や冷え、お腹の張りがあるかたなど 試してみてはいかがでしょうか

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

赤ちゃんは洗いすぎないでね

辻内 敬子 2016年02月06日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

赤ちゃんの肌は、みずみずしく、ぷるぷるのイメージですが、 冬は、赤ちゃんにも保湿が大切なようですよ。

furo

赤ちゃんを洗いすぎない 石けんであらい過ぎると肌が乾燥してひび割れる だから、お湯でまったりする ガーゼでこすらない 手でやさしくなでる そして湯上がりは、そっと押すようにして水分をとる その後、なんでもいいので乳液のように伸びる保湿剤をぬる そうすると乳児湿疹もすくなるそうです(小児科医医院でおすすめしているケアです) 早く知っていたら お風呂でこすらず、ガーゼでこすらず 子どものほっぺを真っ赤にあかぎれにすることもなかったとおもう人もいるでしょう。

保湿剤は、1日に1回ではなく、1日10回程度が必要なようです。

洗いすぎにはご用心ですね

横浜で赤ちゃんマッサージや小児はりの治療をしているせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

赤ちゃんマッサージ教室での赤ちゃん同士の会話

辻内 敬子 2016年02月04日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

赤ちゃん同士のお話しているようですね。

Unicode

Unicode

心配症のお母さんも、一人で子育てに迷ってしまったお母さんも、 これでいいのかしら?、

迷いながらの子育てに自信がなくなってきたお母さんも.

お母さん同士が話し、 赤ちゃん同士が顔を見合わせ、

赤ちゃん語で話している様子をみると お母さん同士も笑顔になるんですよね。

だから子育ては、誰かと語ってください。

赤ちゃんとふれあいのマッサージを行いながら、

赤ちゃん同士も会話して、お母さんも赤ちゃんと語っていくと、

お母さんも元気になるんですよ!

お母さん同士の語りが、悩みを改善していきます。

0ヶ月からのベビーマッサージは、東洋医学で赤ちゃんの健康をみる目を育て、手の触れあいを育てます。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室