小井土院長ブログ

静脈瘤

妊娠期の下肢静脈瘤と鍼灸治療

辻内 敬子 2018年12月08日

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

妊娠中は足にぼこぼこの下肢静脈瘤がでてくることがあります。

見た目だけではなく、痛みがともなったりします。

また会陰部、おまたのところに出てくるとと歩く、立つなどに違和感がでてきます。

そんな時には対処の方法として、

弾性ストッキングが勧められる場合が多いです。

でも、はり・灸もおすすめです。

発症の原因や程度にもよりますので、妊娠中は医師や助産師さんに相談してみてくださいね。

先日、せりえ鍼灸室に足および会陰部の静脈瘤で

助産師さんからご紹介いただいて来院された妊娠28週の妊婦さんに写真を撮らせてもらいました。

IMG_20181124_172338_509

1回目治療が終えて、

2回目に来院時、1週間後にも

足の軽さなどが継続していてくれました。

_20181203_211631

こちらも頑張りますので、

出産までおつきあい頂き、

悪化せず、快適な妊娠生活でありますようにお手伝いさせていただきます。

一人でも、

辛い症状が緩和していくといいですね。

出産すればほとんどがきれいになりますが、

むくみや痛みがある場合、

会陰部にある場合には、もう少し楽に過ごせるようにお手伝いしていきたいと思います。

妊娠中に静脈瘤がでた方はご相談ください。

せりえ鍼灸室では、

セルフケアとしてお灸も勧めています。

ご自宅でこの方にも利用してもらっています。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

妊娠中の会陰部にできた「おまたの静脈瘤」について

辻内 敬子 2017年11月04日

妊娠中に、大きくなってきたり、飛び出してくるものに静脈瘤があります。

特に、今回は、「おまたの静脈瘤」についてです。

会陰部がもっこりして、パンツにも擦れてきて、痛みもでてきていました。

*便秘や排便時にいきむのが怖いということでした。
 いきむともっこりが充血するような感じだとか。

 便秘しないようにしましょう。
 便秘がちの方は、痔にもなりやすいのですので、便通がよくなる食事は必須ですね。

*重い物をもたないことも大切ですね。
週数が進んでくると、お腹が重くなってくるけど、 頑張ってパワーアップだ!

*疲れを解消していくことです。

はり・きゅうとセルフ灸で、妊娠経過中、悪化せずに過ごすことができるように

私たちはお手伝いしていきますので、ご相談くださいね。

まずは、皮膚がたるたるしていたり、むくんでいることを緩和するようにしていきます。

静脈瘤とむくみは、つきものですので、身体に皮膚のバリアを高めていくことをしていきます。はり・きゅうが得意としていることです。

おまたの静脈瘤も、おまたに施術をすることはしません。

下半身の貴方の皮膚の皮袋が、しまっていくように、お手伝いしていくものなのです。

程度は軽いものに、効果が期待できますので、遠慮なくご相談くださいね。

 

22

 

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室