小井土院長ブログ

赤ちゃんマッサージ

ベビーマッサージは病気予防と手当に

辻内 敬子 2016年03月29日

EPSON MFP image

EPSON MFP image

お母さんもお父さんも、普段から子どもの様子をしっかり観察しておきましょう。
 
赤ちゃん時代も子ども時代も、触れる手当は役立ちます。
 
また、その触れあいが子どもにとっては、心の成長と安定に役立ちます。
 
手当というと、つい、気持ちが入ってしまいがち。
 
気持ちは込めても、触れる手の力はあくまでもソフトに!が大切です。
 
どもの病気や体調は急変しますから手当に頼りすぎるのは禁物です。
 
普段から手当を取り入れて子どもの健康増進に役立ててください。
 
ベビーマッサージ教室をご利用下さい。
月刊クーヨン「子どもの手当」に紹介されました。
せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

赤ちゃんマッサージ教室での赤ちゃん同士の会話

辻内 敬子 2016年02月04日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

赤ちゃん同士のお話しているようですね。

Unicode

Unicode

心配症のお母さんも、一人で子育てに迷ってしまったお母さんも、 これでいいのかしら?、

迷いながらの子育てに自信がなくなってきたお母さんも.

お母さん同士が話し、 赤ちゃん同士が顔を見合わせ、

赤ちゃん語で話している様子をみると お母さん同士も笑顔になるんですよね。

だから子育ては、誰かと語ってください。

赤ちゃんとふれあいのマッサージを行いながら、

赤ちゃん同士も会話して、お母さんも赤ちゃんと語っていくと、

お母さんも元気になるんですよ!

お母さん同士の語りが、悩みを改善していきます。

0ヶ月からのベビーマッサージは、東洋医学で赤ちゃんの健康をみる目を育て、手の触れあいを育てます。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室