小井土院長ブログ

膝痛

産後の膝痛にご用心

辻内 敬子 2016年02月12日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

産後の訴えに多いものの一つに、膝痛があります。

膝痛

妊娠中からの体の使い方も問題になります。しっかり予防しておきましょう。

 膝を使うような動き、床ふきや草取りなどの動作を取り入れてください。

体の使い方や膝の動かし方が重要になります。

そして出産後は、 痛みが出ないように、赤ちゃんを抱っこする姿勢に気をつけます。

 膝痛が起きた場合には、いきなり筋力トレーニングでは膝を痛めてしまいます。

まず、硬くなった筋肉を私たちは、鍼をすることでほぐします。

頑張っている体は至る所が、固くなったままです。

ですから全身をゆるめていきます。 筋力のなさも問題になります。

赤ちゃんで筋トレしていきましょう。

腰とお腹の力がないことを知り、回復に励みます。

その後に 膝と腰、背中に筋肉の痛みをとりながら、膝痛緩和を図っていきます。

1回で治るわけではないですが、 痛みはかなり改善し、そこから生活上の動かし方に注意していただきながら、 回復をはかる道をさがしていきます。

成長激しい赤ちゃんと、元気に育児、 大きくなった子とも、走り回れるようになりますから安心してくださいな。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室