小井土院長ブログ

胃の不調やもたれる時

背中のつぼが触れて欲しがっている時

辻内 敬子 2016年06月24日

図6

冷たい飲食物が多くなってくる梅雨時です。

むしむししていると、ついつい氷入り飲料が飲みたくなってしまいますね。

今はお水にも氷が入っている時代になってしまっています。

日本人は胃腸が弱い人が多いと言われているのは

この湿気の多い日本の気候風土と

冷たい飲食物が日常的に召し上がっている要因も関係していると思われます。

背中には胃腸関係のつぼもあります。

触れてほしい、お灸してほしいといっていますよ。

さわってもらってみてください。

背中が張っている時には、内臓からの信号が背中に現れている時ですよ。

お灸は、2月、8月には予防的に行われてきました。

今は、時期を問わずに行ってほしいと思います。

 

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室