小井土院長ブログ

小児はりはお母さんも元気になって

幼児や小学生の手当にマッサージを

辻内 敬子 2017年01月11日

IMG_7362

おはようございます。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸の

せりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

昨日から、学校が始まりました。長かった冬休みでしたね。

2日間で宿題をやっつけた、と小学生の会話。

今日も元気に登校する姿が見られました。

生活リズムを戻したものの、

学校生活が始まった緊張が残っているかもしれませんね。

早く宿題しなさい、寝なさいの言葉が先にでてしまいがちですが、

そんな時には、背中をなでなでマッサージしましょう。

久しぶりのお母さん、お父さんの手がうれしく感じることと思います。

緊張やおねしょが続いた場合には、小児はりという手当があります。

鍼灸院を利用してみましょう。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

子どもは親の鏡、親子で元気になってね

辻内 敬子 2016年03月28日

IMG_7149

赤ちゃんは、お母さんとの触れあいの中から安心がはぐくまれて育っていきます。

鍼灸マッサージ師として「赤ちゃんマッサージ」や「小児はり」を行っています。

赤ちゃんの体をみていますが、そこは、赤ちゃんの症状だけにとらわれず、お母さんもみていく必要があります。母子は一体。

お母さんの精神状況や身体状況を映す鏡のような存在でもある子ども時代を、私たちはしっかり理解して、治療にあたりましょう。

お母さんの不安を少しでも緩和できるように頑張りましょう。

母子支援に関わる鍼灸マッサージ師としての役割は期待されていると思います。

私たちは、常の赤ちゃんを赤ちゃんだけとしてみるのではなく、いつもお母さんと一緒に母子一体としてみることが必要なのだそうです。

胎内からの記憶を持って出産、その後はお母さんの顔を見て安心し、そして関係性を学んでいくのだと、聖マリアンナ医科大学の堀内先生から学びました。

 

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室