小井土院長ブログ

子どもの観察

肌寒くなってきた時期の赤ちゃん

辻内 敬子 2017年10月31日

この数日は、急に肌寒さを感じますね。

季節はずれ?の台風と秋雨前線の影響で雨続きもあり、気温も冬と秋を行ったり来たりですね。

大人だって体調を揺さぶりかけられますね

1歳前の赤ちゃんにとっては、季節の変化への対応は大変ですね

まだ自分で寝返りをせずにいる、動かないねんねの赤ちゃんには、季節の服は大人より、一枚多めがいいのではないでしょうか。

IMG_0070

はいはいするようになった、体を動かす赤ちゃんなら、大人と同じ枚数か、大人より1枚少なめに着せてあげてみて、様子をみてくださいね。

大人が肌寒く感じたら、ベストなど体幹の熱の放散を防ぐようなものを着せたり、
肌着を着せたりして、温度調節をはかってみましょう
お腹は冷やさずにおくのが大切ですね。

足元をさわってみて、冷たくないならだいじょうぶ!

それから、これは特に大事ですが、

毛羽立つという言葉通りに、毛が立っているような場合や

すこし肌寒そうにしていたり、元気なさそうにみえる時などは、

やさしく、毛羽だったような部位をなでてあげましょう。

そして、秋の冷えを入れないようにしていきましょう。

bebima

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

子どもはりとお母さんとマッサージ

辻内 敬子 2017年10月15日

私たち鍼灸マッサージ師は赤ちゃんや幼児をマッサージや小児はりで施術をしています。

簡単そうに見える子どもの治療ですが、実は難しいと感じています。

 IMG_5258

まず、お母さんが何を心配しているのかを知ることから始まります。

お母さんは子どもの健康のことが気になります。

子どもが元気に大きく育って欲しい!当たり前の願いですが、

お母さんの不安や心配を、子どもが身体に反映することもあります。

それ以外に、子どもがもっている体質があります。

そして、今の現状を表している、子どもの皮膚をよむ

子どもの気分をよむ、等

そんなことをしながら、お子さんと関わっていきます。

子どもの症状はすぐによくなることが多いものです。

悪くなるのも早いですから、急は変化には早急な対応が必要です!

IMG_0070

 おかあさんは、お子さんと触れることで、

子どもの状態を感じることができます。

ぜひ、お子さんに触れることでマッサージを楽しんでください。

 マッサージは触れ合いにはもってこいです。

 子どもの体調やバランスが心配になったら

小児はりを受けていただくことをおすすめしています。

 

赤ちゃんの鼻水

辻内 敬子 2017年10月12日

baby_massage

月刊クーヨンの記事と拙著である「0ヶ月からのベビーマッサージ」ご覧になった方からの質問にお答えします。

Q:鼻水が続いているのですが・・・
ずっと風邪かしら、大丈夫かしら。

A: 鼻水って、鼻にあるゴミやほこりは細菌を寄せ付けないようにしている
最前線バリアの一つと考えるとよいと思いますよ。

鼻も頑張って働いているんですね、
そんな状態の時にも、鼻水がでています

もちろん、風邪気味の時にもですね、

機嫌が悪く無ければ心配しすぎない方がいいと思いますよ

また、鼻水がでていて、ちょっと風邪気味なようでしたら
季節にもよりますが、
肌寒い時には、半袖半ズボンではないほうが
治りが早いと思います。

大人の自分だったら、どうするかな?って考えて
子どもの状態を感じてみて下さいね

 空気が変わった時でもクシュンとくしゃみがでそうな時
くしゃみが出たときって鼻水でてませんか!?

赤ちゃんやお子さんの相談も遠慮なく、鍼灸師にどうぞ!

bebima

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

こどもを観察しよう

辻内 敬子 2017年02月14日

 IMG_6174IMG_6173

子どもとの世界を楽しんでいますか?

親が足早に歩くと子どもはかけっこのようになります。

子どもの走りや歩きを見守る余裕も欲しいですね。

手を引いていては気づかないことがありますよ。

走ってくる姿に目を向け、笑顔を正面からとらえてみてね。

いい顔してますね。

子どもの顔色を見たり、しぐさを観察するにはよく見ることから始まります。

鍼灸院では、小児はりというなでる道具で、

さすったりして気持ちを落ち着かせたり

子どもの肩こりをほぐしたりしています。

こどもの呼吸が浅いと感じたら鍼灸院にご相談くださいね。

子どもと楽しく過ごす場所は遊園地でなくてもいいのです

公園で走り回ったり、草を摘んだり

子どもの目線で一緒に過ごすのが一番です。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

自分の身体を自覚するのはよいことです

辻内 敬子 2017年01月23日

IMG_6067

今日は、お灸もはりも両方やりたい!

腰のお灸も気持いいからやる!

自分の体調を自覚しているとは、すばらしいお客様

今日のメニューは、小さいはりと

市販されているせんねん灸のフルーツの香りのお灸になりました。

おねしょや食欲不振、気持の安定、

受験に対する緊張をほぐすなど、

こどもの背中も張りがあったり、お腹が固かったりしますので、

そんな体調管理に利用してくださる子が増えるといいなあと思っています。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

雨の日も楽しもう

辻内 敬子 2016年10月17日

  • IMG_0006

ご機嫌な時間が増えると、

一緒にいるだけで、幸せを感じます。

ご機嫌な時間は、お母さんもほほえむ時間が増えること。

お母さんがいらいらしている時は、疲れていたり、しんどかったりする時かも?!

そんな時は、鍼灸治療で、気分も体も楽にしていきましょう。

お家で出来る楽しいことを探してみるのみ一案です。

 

子どもの観察から始まる

辻内 敬子 2016年04月12日

 IMG_7798

子どもの熱が高いのかどうかはだんだん分かってきますが、

最初に熱の高いような感じの時、おでこが熱い、ぐったりしていると焦りますね

普段からいつもと比べてどうなのかを、具合が悪くなった時に確認してみてくださいね。

汗でると体温下がるけど、汗でているかな?

うんちでているかな?うんちが出れば熱が下がる場合もあります。

うんちさん出ておいでと、

こよりこちょこちょ(こよりはテッシュを細くさいてまるめたもの)

お腹のマッサージしてみましょう

少し大きくなってる子どもなら
イチジク浣腸なんてにも手ですが
うんち出ろ体操と共にマッサージしてみてね

食べ過ぎると子どもも具合も悪くなるものです。

こどもが食欲落ちても心配しないで、

小食にして、体調回復図っていると思ってね。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室