小井土院長ブログ

妊活お灸

お灸の熱刺激をどう考えているか、やけどの対処法

辻内 敬子 2018年05月26日

こんにちは せりえ鍼灸室の辻内です。

せりえ鍼灸室では、自分でお灸ができる人、熱いと感じられる人、

お灸が熱くなったら外せる人には、セルフケアとしてお灸を勧めています。

自分で健康管理をしていこうと思ってくれること、自分の体に敏感になって欲しいこと、

体の変調を気づき、手当として利用して欲しいからです。

yjimage

そんなお灸ですが、お灸が体の及ぼす反応は、基本的に身体の防御作用として機能しているため、局所を犠牲にして、身体全体を守る反応としてとらえていただけるとよいかと思います。

お灸による小さな火傷は、人為的につくる治療法です。

その中でこれらの、発赤、腫脹、発熱、疼痛の一連の反応が起こります。火傷した局所に動員をかけられた白血球がは異物排除として働き、皮膚や組織の修復作業を始めます。

その時に、炎症巣に白血球があつまりがんばってはらたくということのようです。

PHOTO004

 お灸による身体への反応は、温熱刺激により、「局所を温めて血液循環をよくする作用」と、「生体の防御機能を高める」ことの2つがあります。

やけどによる白血球の動員は、こちらのからだの防衛反応ととらえてください。

しかし、水ぶくれなどができた場合のやけどは対処が必要です。水で冷やしてお薬を塗る、皮膚科でみてもらうなど、程度と範囲が問題になります。

A4ADA4E2A4C1A4A4A4AAB5E4
 お灸には、さまざまな種類があり、直接もぐさをのせる直接灸、

薬局などでも販売されている「せんねん灸」など多種あります。

24076-2
 それからお灸する人の体調や体格にあわせて、お灸の壮数も違い、場所もちがってきます。

ですから、朝晩つぼへ何壮すると、いちがいには、お伝えできないのが現状です。

でもおおまかな目安を作ってお伝えしないとやり過ぎなどがでてくるので目安は大切にしています。ご自身のつぼの位置や、お灸の数は鍼灸師に相談されることをおすすめします。

また冷え症の効くツボも、いくつか紹介されています。足の方をつかう場合が多いようです。朝晩でなくても、1年間継続しなくても、すこしでも効果が期待できます。

お灸をしていると冷え予防にはつながると思います。お灸も即効性がありますので、ぜひお試しください。

ご相談にお灸教室をご利用ください。

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

女性ホルモンの分泌にはよく眠れることが大切です

辻内 敬子 2018年04月25日

こんにちは せりえ鍼灸室の辻内です

最近よく寝れていますか?

4月ももうすぐ終わり、連休が始まっています。

お疲れになっている体も、週末や連休に回復させようと寝だめを考えていませんか

寝だめはできないんですよね、貯金とは違います!

よく眠れることが、成長ホルモンや女性ホルモンのバランスを整えます。

寝付きが悪い、目が覚めやすい、などが出てきたら、お灸をお伝えします!

 

04

眠れないと、自分では気がつきにくくても、いらいらが高じたり、

周りに当たったりしがちに!

IMG_3817

お灸を安全に、楽しくできるように、私たちがお伝えします。

最初に、火傷したり、熱かったりすると、お灸はいやなイメージになってしまいます。

そこで、親切、丁寧にお伝えしますので、鍼灸院にお出かけくださいね。

疲れたと感じたり、自分が頑張っているなと感じた時にも

鍼灸院にご相談くださいね。

お灸女史しましょう!

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

 

 

 

 

妊活お灸で伝えたいこと

辻内 敬子 2017年11月09日

 妊活お灸は、不妊の人が読む本と考えていませんか?!

いえいえ、「妊活お灸」の本の中で伝えたかったことは、

妊娠することは、これからどのように人生を生きていくのか。

妊娠・出産を見据えている場合には、

その願いを叶える自分自身のからだについて知り、

そして、その思いを十分に叶えるためには、どのように日常生活を過ごしていったらいいのか。

そのようなことを考える切っ掛けになる本であって欲しいと思っています。

5148eNXNhuL__SX354_BO1,204,203,200_

妊活は、妊娠したいから始まりますから、そのためには、

これからの自分の生活スタイルを見直すきっかけになり、

体を整えていくことにつながるといいなあと、

お灸だけでなく、提案させていただいています。

今の目の前のことに流されがちですが、妊活お灸を取り入れて欲しいです。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

お灸は習って、そこからまねてみる!に限ります

辻内 敬子 2017年10月07日

12321632_914119971958010_8200637813886081489_n

こんにちは。

せりえ鍼灸室の辻内です。

皆さんは、学んだら、その知識をどうされていますか?

学んだら、実践してみる。

習ったことは、実践してみる!に限りますね。

その日のうちにもう一度、まねてみて、やってみる!

すると忘れないものですよ。

ぜひ、実践してみましょう。

お灸は、習ってから、まねてみる。

IMG_4091

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

妊活女史、男性へ秋の養生

辻内 敬子 2017年08月31日

5148eNXNhuL__SX354_BO1,204,203,200_

妊活お灸の本の一部を紹介します。

妊活は、暮らしに意識をむけて過ごすことも必要と考えます。

この数日、朝晩の風に秋を感じることが出てきていますので、

秋の養生について、ご紹介しますね。

秋は、冬の寒さに備えるための時期です。

汗をたくさんかいた夏から、今度は汗をそのままにしておかずに

こまめに拭きましょう。汗を拭き取り、熱を逃がさないようにしましょう。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

妊活も順番を追って、進んでいきます!

辻内 敬子 2017年05月20日

妊活中なので、妊活のつぼを教えてください!

と妊活女子は希望を述べられました。

ゆっくりお話をおたずねすると、流産直後だそうです。

体も気持ちも低空飛行の状態です。

その時の状態を食事に例えると、

おかゆを食べている病人の状態ですので、

普通食の一般健康人とは違う食事内容と考えてもらいたいです。

だから、妊活していきたいという希望でも

体を鍛える、すぐ妊娠できるような準備が整っていない状態でしょうか

まずは、体を整え直していく状態、弱々しい体の状態(虚弱)から、

元気を高めていくという流れが必要になります。

食欲もなく、気持ちも低下しているのですから、

ゆっくり休養が必要な状態です。

そして、体を休ませてあげて、仕切り直しです。

流産は5週過ぎだったそうですが、体は頑張りました。

気持ちも立て直しつつ、体の回復をはかりながら、お灸をしていきましょう。

体にも都合があるから、順番が大切です。体の都合を聞きましょう。

そんなお話をしながら、妊活お灸のページをめくりました。

5148eNXNhuL__SX354_BO1,204,203,200_

こんな症状がある人は!

辻内 敬子 2017年05月01日

こんな症状はありませんか?

 頭痛/冷え性/疲労/むくみ/不眠/目覚めが悪い/疲れ目/めまい
肩こり/過食/美肌づくり/足がつる、タコができる(からだの歪み)
便秘/腰痛/胃痛/痔/イライラ/抑うつ気分/不安感/

月経不順/ 月経痛/月経前症候群(PMS)/

膀胱炎/不妊症

こんな症状がある人には、お灸をお勧めしています。

お灸で“ハッピー体質”になろう!

頭痛、肩こり、月経痛…気になる不調を改善しながら、

ぐっすり眠って、おいしく食べて、それが元気の素です。

からだのちからを引き出す東洋医学+西洋医学の智恵による、

妊活ツボ+36の症状に効くツボを紹介!!

5148eNXNhuL__SX354_BO1,204,203,200_

妊活お灸

辻内 敬子 2016年10月21日

IMG_0843

妊活お灸教室を開催しました。

いろいろな種類のお灸をみていただいた後、実際に台がついたシール付のお灸を行いました。

棒灸が直接肌に、くっつけないので安心して出来ると、棒灸が気に入ってくれました。

ストレスから、月経不順になっている方、

結婚したばかりでも年齢が○○歳、

積極的に体作りして、妊活していきましょう。

お灸は日常生活を見直し切っ掛けとなる道具の一つです。

ヨガや散歩と同じように考えて、毎日行いましょう。ツボ処方は鍼灸院にお任せください。

貴女の今の状態にあわせて、つぼを処方してもらいましょう。

 

そして、鍼灸治療も併用することで、さらにパワーアップしていくと思います。

セルフケアの留まってしまっていては、年齢の壁やストレスの壁を越えられません。

頑張る貴女を応援する鍼灸院です。

 

妊活とお灸

辻内 敬子 2016年06月23日

妊活お灸
 
妊活お灸の本で伝えたかったこと。
 
私は、妊活は自分がこれからどのように人生を生きていくのか。
 
妊娠出産を見据えている場合には、
 
その願いを叶える自分自身のからだについて知り、
 
そして、その思いを十分に叶えるためにはどのようにしていったらいいのか。
 
そのようなことを考える切っ掛けになる本であって欲しいと思っています。
 
不妊治療のお手伝いが少しでもできるように、私たちが頑張ります。
 
そのためには、これからの自分の生活スタイルを見直し
 
体を整えていくことにつながるのかしら、と提案させていただいています。
 
妊活お灸を、自分のこれからの生き方を考えていくきっかけにして欲しいです。
 
 
せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!
 

妊活中の冷えや肩こりにもお灸

辻内 敬子 2016年03月23日

 okyu douga

不妊治療中の方にも積極的な身体の改善に取り組んで欲しいと思っている鍼灸院です。

そこで、お灸ならなんとかやってみてもいい!!と思ってくださる場合には、

こんな、ほんわか、温活というのでしょうか、温かいお灸をします。

これなら、熱くなく、気持ち良いと言ってくださる方もいます。

それから、いろいろなお灸を紹介し、つぼ処方を行い、自宅でお灸ができるようにお手伝いしていきます。

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室