小井土院長ブログ

妊婦さんの逆子のお灸

お灸の熱刺激をどう考えているか、やけどの対処法

辻内 敬子 2018年05月26日

こんにちは せりえ鍼灸室の辻内です。

せりえ鍼灸室では、自分でお灸ができる人、熱いと感じられる人、

お灸が熱くなったら外せる人には、セルフケアとしてお灸を勧めています。

自分で健康管理をしていこうと思ってくれること、自分の体に敏感になって欲しいこと、

体の変調を気づき、手当として利用して欲しいからです。

yjimage

そんなお灸ですが、お灸が体の及ぼす反応は、基本的に身体の防御作用として機能しているため、局所を犠牲にして、身体全体を守る反応としてとらえていただけるとよいかと思います。

お灸による小さな火傷は、人為的につくる治療法です。

その中でこれらの、発赤、腫脹、発熱、疼痛の一連の反応が起こります。火傷した局所に動員をかけられた白血球がは異物排除として働き、皮膚や組織の修復作業を始めます。

その時に、炎症巣に白血球があつまりがんばってはらたくということのようです。

PHOTO004

 お灸による身体への反応は、温熱刺激により、「局所を温めて血液循環をよくする作用」と、「生体の防御機能を高める」ことの2つがあります。

やけどによる白血球の動員は、こちらのからだの防衛反応ととらえてください。

しかし、水ぶくれなどができた場合のやけどは対処が必要です。水で冷やしてお薬を塗る、皮膚科でみてもらうなど、程度と範囲が問題になります。

A4ADA4E2A4C1A4A4A4AAB5E4
 お灸には、さまざまな種類があり、直接もぐさをのせる直接灸、

薬局などでも販売されている「せんねん灸」など多種あります。

24076-2
 それからお灸する人の体調や体格にあわせて、お灸の壮数も違い、場所もちがってきます。

ですから、朝晩つぼへ何壮すると、いちがいには、お伝えできないのが現状です。

でもおおまかな目安を作ってお伝えしないとやり過ぎなどがでてくるので目安は大切にしています。ご自身のつぼの位置や、お灸の数は鍼灸師に相談されることをおすすめします。

また冷え症の効くツボも、いくつか紹介されています。足の方をつかう場合が多いようです。朝晩でなくても、1年間継続しなくても、すこしでも効果が期待できます。

お灸をしていると冷え予防にはつながると思います。お灸も即効性がありますので、ぜひお試しください。

ご相談にお灸教室をご利用ください。

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

女性ホルモンの分泌にはよく眠れることが大切です

辻内 敬子 2018年04月25日

こんにちは せりえ鍼灸室の辻内です

最近よく寝れていますか?

4月ももうすぐ終わり、連休が始まっています。

お疲れになっている体も、週末や連休に回復させようと寝だめを考えていませんか

寝だめはできないんですよね、貯金とは違います!

よく眠れることが、成長ホルモンや女性ホルモンのバランスを整えます。

寝付きが悪い、目が覚めやすい、などが出てきたら、お灸をお伝えします!

 

04

眠れないと、自分では気がつきにくくても、いらいらが高じたり、

周りに当たったりしがちに!

IMG_3817

お灸を安全に、楽しくできるように、私たちがお伝えします。

最初に、火傷したり、熱かったりすると、お灸はいやなイメージになってしまいます。

そこで、親切、丁寧にお伝えしますので、鍼灸院にお出かけくださいね。

疲れたと感じたり、自分が頑張っているなと感じた時にも

鍼灸院にご相談くださいね。

お灸女史しましょう!

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

 

 

 

 

妊娠したら、今すぐはじめるのは!?

辻内 敬子 2017年02月14日

22
 
せりえ鍼灸室では、妊娠希望、妊婦さん、産後、更年期と女性の治療を担当している女性鍼灸師の辻内敬子です。
 
もちろん、要望があって、家族の夫やお父様の治療もお引き受けしています。
 
特に、妊娠期には安心して、鍼灸治療を受けていただけるように取り組んでいます。
 
逆子は、妊娠28週では様子を見るかたが多いのですが、
 
お腹が硬いと感じている方や張っている方は、早くから鍼灸治療を利用していただくと
 
逆子の治りやすくなるのを応援しますし、妊娠期の冷えや頻尿など、いろいろな症状が軽減します。
 
冷えはお産の大敵ですので、冷え性改善も目指します。
 
また、その方にあった養生法をお伝えします
 
妊娠期に、自分と赤ちゃんの健康に向き合いましょう
今やらなくて、いつやるの?!今すぐ、私たちがお手伝いします
 
お灸もよくお勧めしていますが家庭環境によってはやりにくいという方もいますので、
火を使わないお灸もおすすめします。
 
妊娠期に体を作ることはその後のお産や母乳分泌にも影響してきますよ。

 

 
ご相談ください
せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

逆子が治ってくれるように祈り続けて

辻内 敬子 2016年03月23日

IMG_0971

二人目妊娠中のの妊婦さんで、一人目の妊娠中に逆子になったは、

一人目の健診ごとに治らないという不安をなるべく早く改善したいという思いで、

逆子と診断された28週ぐらいには、鍼灸治療にお見えになる方が多いようです。

逆子だけでなく お腹の張りや頻尿、夜間排尿回数が多い、食欲が多い、便秘、

肩こりなどが 一緒に改善していく傾向になることもご存じなので、

一度でも鍼灸治療を利用したことがある妊婦さんは、

次回妊娠時も利用してくれる方が多く、うれしく思います 。

だから、逆子と言われたら、早めに鍼灸治療を利用していただき、 逆子も治し、体調も整えていってください

それが、お腹の赤ちゃんにも、ママである妊婦さんにとっても 大切であり、心配や不安の解消につながると思います。

鍼が怖い人はお灸だけでも治療できます。

逆子、足の浮腫や冷え、お腹の張りがあるかたなど は、試してみてはいかがでしょうか

せりえ鍼灸室でも逆子で 鍼灸治療を利用された皆さんからのアンケートの協力を得てきました。

逆子を直すために利用した場合でも 、身体は元気になり、頻尿や腰痛、肩こり、冷えなどマイナートラブルという症状が改善していきます。

それは妊婦さんにとって出産時にもよい影響を及ぼすのです。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室