小井土院長ブログ

妊婦 逆子

逆子と診断されたら早めに鍼灸を試してみましょう

辻内 敬子 2017年10月18日

妊婦さんにとって、自分の予定や都合とは関係ないのに、勝手になってしまって

とってもとっても困るのが逆子!

お産の方法が変わってしまったり、病院も転院しなくてはならない場合もあるので、、

妊婦さんは、逆子はなんとしてでも直したいと思うとは当然ですね。

ほっておいても自然に直る可能性も高いと言われています

産まれる前には5%程度の逆子ちゃんしかいないといわれています

 でも28週には少なくなり、30週以降には、もっとすくなくなってきている中で

まだ治っていない場合には、早めに直ってくれるのを期待しましょう。

鍼灸治療です!

 直りやすい週数に逆子治療をすることが大切なんですよ、

でも一番大切なことは、赤ちゃんが無事に産まれてくれること

その中で、逆子になっている妊婦さんも不安が少なくなり、

体調がよくなって、逆子が直ってくれるように、私たち鍼灸師は応援しています。

 24076-2

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

逆子の妊婦さん

辻内 敬子 2017年07月06日

IMG_0801

逆子の妊婦さんには、

鍼灸治療を利用していただくように鍼灸院に来院をお願いしています。

また、逆子の妊婦さんには、自宅でもできるお灸をお伝えしています。

 逆子は診断される28週から、次回の2週間後の健診で治っている場合も多いものです.
 
病院の健診では、次回まで様子をみましょう、といわれることがほとんどです
 
妊娠28週では30%程度の逆子の割合という報告もあります。
妊娠30週で様子をみて、まだまだ、大丈夫ですよ、そのうち治りますよと言われてきています。
 
妊娠32週の健診ではどうでしょうか、まだ治っていない場合には、不安もありますね
 
妊娠33週か34週の健診までに治っていなければ、まだ大丈夫といわれても不安です。
 
でも中には、くるくる回っているような逆子なら治る方もいます。
だから、様子をみましょうといわれることが多いわけです
 
鍼灸治療を治っていない逆子の妊娠34週の妊婦さんは、不安でいっぱいになります。
 
できれば、逆子診断がなされたら、早い時期に利用してもらうことがいいのには、理由があります。
 
逆子診断されてから、早い時期に治療するほうが治りやすいです。
(逆子期間が長くないほうが治りやすいのです)
また、赤ちゃんが大きくなっていないほうが治りやすい
妊婦さんが不安に過ごす週数もすくなくなります
さらに、いいことは、体調がよくなります
腰痛やおなかの張り、便秘や肩こりなどが改善していきます
 
そんなこともあり、早めの治療をすすめています
 
治るなら様子をみるという考えもあるでしょうが
早い時期から身体を整え、お産にむけて
赤ちゃんを本来の居心地の良い場所へ誘導するようにしていく鍼灸治療です
 
遅い時期からでは、おなかの赤ちゃんは大きくなっていますので
やはり治りにくくなります
 
逆子診断を受けたら
なるべく次回健診までの2週間の間に、3回程度治療を行うことで
体調の変化も改善し、逆子が治る方も多いのです
 
3回の治療というのは、週に1回よりも、2週間の間に3回から4回ということです。
 
妊婦さんに納得してもらって治療を受けていただくことが重要です
今までの経過から、その方がよさそうですとお話しています
私たちは、妊婦さんに納得していただくように伝える努力をしていかなくてはなりません
 
心配なことはおたずねくださいね、せりえ鍼灸室では、逆子の妊婦さんが安心して妊娠期間を過ごし、お腹の赤ちゃんをいとおしくおもいながら、出産してくれることを願って応援しています。
 
 
せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!
 
 
 
 

妊娠したら、今すぐはじめるのは!?

辻内 敬子 2017年02月14日

22
 
せりえ鍼灸室では、妊娠希望、妊婦さん、産後、更年期と女性の治療を担当している女性鍼灸師の辻内敬子です。
 
もちろん、要望があって、家族の夫やお父様の治療もお引き受けしています。
 
特に、妊娠期には安心して、鍼灸治療を受けていただけるように取り組んでいます。
 
逆子は、妊娠28週では様子を見るかたが多いのですが、
 
お腹が硬いと感じている方や張っている方は、早くから鍼灸治療を利用していただくと
 
逆子の治りやすくなるのを応援しますし、妊娠期の冷えや頻尿など、いろいろな症状が軽減します。
 
冷えはお産の大敵ですので、冷え性改善も目指します。
 
また、その方にあった養生法をお伝えします
 
妊娠期に、自分と赤ちゃんの健康に向き合いましょう
今やらなくて、いつやるの?!今すぐ、私たちがお手伝いします
 
お灸もよくお勧めしていますが家庭環境によってはやりにくいという方もいますので、
火を使わないお灸もおすすめします。
 
妊娠期に体を作ることはその後のお産や母乳分泌にも影響してきますよ。

 

 
ご相談ください
せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

お灸に出会った妊婦さんと逆子の赤ちゃん

辻内 敬子 2016年01月21日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

昨年暮れになってみえた逆子の妊婦さん。元気に新年を迎えられてよかったと言って下さいました。

二人目の妊娠中で、もうじき出産です。

二人目妊娠と同時につわりがひどくて、動けない毎日を過ごしていたそうです。 IMG_0719

入院するほどではなかったそうですが、上の子どもに付き合って外にでる余裕もなく、おじいちゃん、

おばあちゃんに甘えて外に連れ出してもらっていたそうです。

妊娠8ヶ月に入った時には、つわりで動けなかった体は今度は重くて、だるくてしょうがない。

気が付いたら、ずっと逆子のまま。

足も冷たくて、夜も眠れずに、夜中に何度も目がさめるし、熟睡できない状態。

本人は、逆子が治ればいいなあ~とかすかな望みで、鍼灸治療を受けてみようと来院したそうです。

ずっと、逆子のままだし、選んだのは、帝王切開予定です。

かすかな望みは、逆子が治って欲しいことだけど、 体は、相変わらず辛くて、しんどくて、やっと来院したという状態でした。

足の冷たさを緩和していこうよ、 下がっているお腹をあげていこうよ、 よく眠れるようにしていこうよ。 いろいろお話していきました。

元気に新年を迎えられたのは、お灸と出会ったからかもしれません、と、うれしい言葉を言ってくださっていました。

そして、今年も治療にみえました。

本当に具合が悪くて、新しい年にこどもが生まれるという実感さえなかったけど、 いまは、もうすぐ赤ちゃんが生まれてくるんだ、という気持ちと、体がやっと本来の自分に近づいてきた喜びを語ってくれました。

足も温まり方が早くなったけど、一握りの希望である逆子は、まだそのままで、現在36週に突入。

赤ちゃん逆子だよ、頭は下だよって、言っているんだけどね。

今は、とにかく、逆子でも元気に産まれてきてくれればいい、帝王切開もお産の形と、言いながら、自分の元気をつけにきてくれています.

 横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

逆子の赤ちゃん、早く治ってね

辻内 敬子 2016年01月16日

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室で治療をしている鍼灸師の辻内敬子です。

先日のお灸教室では、逆子の妊婦さんが3割いました。

ぐるぐる回っているという逆子ちゃんのママは、いったいいつ安定した位置になってくれるの!と心配してしまいます。

羊水が多くて、ぐるぐる回っているということは、逆子になっても治りやすいということですから安心して下さい。

IMG_0094

赤ちゃんにとって居心地のよい位置になってもらうように、お灸をしてもらいます。

その他、「お~い、頭はこっちだよ!」とお腹の赤ちゃんには声かけておいて下さいね。

ぐるぐる逆子ちゃんも安定してくれるといいんだけど、頭が下にきたら、しっかり歩いて、重たい頭は重力で下に持っていけ~!です。

椅子に座りっぱなしのママさんはお腹の赤ちゃんは横向きになっていた。緊張しながらの座ったままの姿勢が長い時間続いているからでしょうか?

逆子との因果関係はわかりませんが、休憩と歩きと、仕事のバランスを上手にとるようにしてみることも必要かもしれませんね。

治ると信じることも大切です。

パパも励ましてね 季節の変化する時期や気候が大きく変化している頃にも、逆子になる方が多いような印象があります。

これは、私の印象だけですから、なにも言えません。

しかし、季節の変化に上手に体を変化させていくことは大切ですので、涼しくなったら、早めに備えていくということです。

初めてお灸してもらった感想は、「意外に気持ちよくて、くせになりそう」 「ここだと思っていたツボの位置と違っていてびっくり」 「体が整えられる感じがして、気持ちよかったです」 「むくみやお腹の張りに即効性があり、驚きました」 「体があたたまりました」 「お腹のはりがやわらいだ、お灸いままでやっていたけど、お灸の効果を改めて実感しました」 「今まで目を向けなかった体に目を向ける機会が増えて勉強になりました」 なんて、みんないいこと書いてくれました。

横浜で更年期、不妊鍼灸、逆子腰痛のマタニティー(妊娠)の鍼灸のせりえ鍼灸室

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室