小井土院長ブログ

妊婦

妊婦のみかたになるためにー全日本鍼灸学会学術大会愛知大会ー

辻内 敬子 2019年05月15日

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

全日本鍼灸学会学術大会愛知大会が2019年5月10日から12日まで開催されました。

5月11日土曜日に、「妊婦のみかた」が行われました。

この企画を担当してくださった深谷先生が頑張ってくれました。

妊婦さんは、産んだら、赤ちゃんと一緒です。

妊娠中からの継続した支援が必要と言われているのですから、

産後のお母さんと赤ちゃんを母子を一緒にみるという視点からのお話は欠かせません。

今回は、私自身がとても楽しみにしていた二人の堀内先生から聞くことができました。

感激の写真を一枚いただきました。

司会は、筑波技術大学の名誉教授の形井秀一先生、

助産師さんからのお話は、聖路加国際大学の堀内しげこ先生

小児科医からのお話は、聖マリアンナ医科大学名誉教授の堀内たけし先生

鍼灸師から辻内がお話する機会を頂戴しました。

内容については、また機会があったら随時紹介していきますね。

学会写真

鍼灸師が妊婦さんを診る前には何をすべきか?!

辻内 敬子 2019年02月27日

52837034_1253181548167205_2256812534440919040_n

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

妊娠期の鍼灸治療は知られてきていますが、

安全に!ということが重要です。

せりえ鍼灸室のコイド院長がお話し、質問に応える2時間30分の講座でした。

長すぎ~~。

先にご案内を忘れてしまい、先週末に終了したセミナーでした。

なんと満員御礼だったそうです。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

 

 

 

妊娠中の静脈瘤ha

辻内 敬子 2019年02月11日

こんにちは

せりえ鍼灸室のツジウチです。

妊娠中の静脈瘤の治療でお見えになっていた方が

里帰りしてきてお産間近まで通ってきてくれました。

第14回日本鍼灸師会全国大会in沖縄にて婦人科シンポジウムを小井土院長担当

辻内 敬子 2018年12月01日

IMG_1015

こんにちは

せりえ鍼灸室の辻内です。

12月に入ってしまいました。10月、11月は怒濤のような日々でした。

平成30年もあとわずかです。

体調を整えて、元気に過ごしていきましょう。

 

平成30年10月27日、28日と二日間に渡り、第14回日本鍼灸師会全国大会in沖縄にて開催されました。

せりえ鍼灸室の小井土院長が婦人科シンポジウムが開催されました。

内容は、女性疾患に対する鍼灸治療の実際と題して

鍼灸の治療方法とその果たす役割として3つのテーマがありました。

月経困難症に対する鍼灸治療効果

不妊症に対する鍼灸治療の実際

妊娠期のマイナートラブルに対する鍼灸治療です。

小井土院長は、妊娠期の女性のマイナートラブルを担当しました。

IMG_3207

妊娠腰痛を中心に、つわりも紹介しました。

「“時代を支える鍼灸”~病に体にそして心に~」をテーマに大会が沖縄で開催されました。

https://www.harikyu.or.jp/pdf/14th_zenkoku_okinawa.pdf

懐かしい顔や思い出を大切な形にしたい時には、鍼灸院へ

辻内 敬子 2018年06月14日

こんにちは

せりえ鍼灸室の辻内です。

既に3年前になろうとしておりますが、日赤医療センター前に治療院を構えていました。

その当時が懐かしくなっているというのは。。。。年取ったからでしょうか。

IMG_0719

以前、妊娠期の腰痛をテーマに、鍼灸師のための学習会がありました。

ドクターは、元日赤医療センターにいらした産婦人科医の杉本充弘先生、

鍼灸師は、小井土院長が担当した講座がありました。(埼玉県鍼灸師会)

今年になって、ヨコハマで再会した写真です。

杉本先生は、今は東都病院の院長です。

バリバリ、相変わらず産婦人科医の仕事も、院長としての経営手腕も発揮されております。

このような素晴らしい人生の先輩に巡り会う機会は、大切にしたいと思います。

また、出会いに感謝し、再会には喜びを感じます。

皆さんの思い出の出会いはどんなものですか。

そんな思い出も、治療の際にお話くださいね。

せりえ鍼灸室は、皆さんの話を良く聞き、思い出を美しい形にするお手伝いもできるとよいなあと思っています。

DSC_02612

妊婦さんは頻尿になりやすいですが、予防も可能ですよ!

辻内 敬子 2018年05月26日

こんにちは

せりえ鍼灸室の辻内です。

今回は、妊婦さんの頻尿、トイレが近い!という悩みにお応えしますね。

yjimage3USG9U0K

妊娠すると、大きくなった子宮あるいはお腹の中の赤ちゃんに膀胱が圧迫されます。

その他膀胱の容量も減少するそうです。妊娠初期と、妊娠末期によくみられる症状ですが、「今いったばかりなのに、また行くの~」とばかり、頻繁にいく妊婦さんがいますね。

それは妊娠のせいだから心配ないですよ、と病院の検診ではいわれると思います。
 

IMG_0094

でも東洋医学では、自分の尿を蓄えておくようなパワーが少し低下したと考える場合もあります。あまりにちょこちょことトイレにいっても、少ししか出ない、行きたい気がするだけ、などぼ症状が出てきていませんか。

いずれにしても、おしっこを蓄えておく、本来のパワーをつけるためには、「おすもうさんのしこふみ」の格好をして、すこし大腿内転筋に力をいれるような体操を取り入れてみることもすすめています。

パートナーと一緒になって、しこふみしてみませんか?

それと同時にお腹が下がっているような下垂感のある方もおしっこ近いになってます。

お腹のはりや下垂感がないか、自分でもチェックしてみてください。

妊婦さんは、仕事中だったり、日常生活が忙しいと、自分の身体に気づかない場合も多いものです。また、無頓着になっている場合が往々にしてあります。

トイレにたつ自分の様子をチェックしてみてください。

下垂感がある場合はすこしお疲れモードかもしれませんので、週末にはたくさん労ってもらってくださいね。

また、妊婦検診でも相談してくださいね。

お灸で冷えの改善もお勧めしてます。また鍼灸治療もおすすめです。

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

かながわ母乳の会世話人会に行きませんか

辻内 敬子 2017年11月09日

明日、11月12日はかながわ母乳の会の世話人会があります。

かながわ母乳の会とは、赤ちゃんの健やかな成長を 願い、「母乳育児」「胸に抱く育児」を支援する、専門家と一般市民の会です。

医療者(医師・助産師・保健師・看護師)、保育士・教育関係者など、出産・育児に関する様々な分野の専門家と一般市民が、母乳育児についての情報交換・研 修を行います。また、広く一般に、母乳育児支援の輪を広げてゆくことを目的として、情報の共有、交流を行っていきます。

せりえ鍼灸室の辻内も参加します。ご一緒しませんか。

この写真は2012年4月のかながわ母乳の会の世話人会での一枚です。

IMG_8469

切迫流産、切迫早産と安静が長かったけど、無事出産おめでとう

辻内 敬子 2017年10月28日

赤ちゃんが生まれるまで何かと不安な妊婦さん

ずっと病院に入院し、安静の日が続いていたLさん

妊娠36週で退院したら、 すぐに陣痛がきて、無事に出産したそうです。

良かった!

妊娠初期には、切迫流産で自宅安静

 妊娠中期になったら、切迫早産で入院し、妊娠36週まで続きました。

 赤ちゃんは元気なことが気持ちが救われるといいながら、安静の日々でした。

無事に出産おめでとう

入院中に、退院したら、自宅でお灸をしてもらうようにつけた印

ボールペンで何回もつけていたからたくさん印がありますが

この時は、三陰交(SP6)と復溜(KI7)と築賓(KI9)につけました。

Unicode

Unicode

 妊娠期間中、動けば、お腹が張る、だから動けなかった

何かしてあげたいとこちらが思っても、安静が必要からだ何もできない。

妊婦さんもお腹が張って痛い、うごけない、そんな日々を過ごしてきた。

でも、産まれてほっとしました

入院している間に体力と筋力は落ちてきていたけど
動ける時には、ちょっとずつ歩いて体力つけるようにしてきていたという

さあ、育児の始まりですね、体力勝負ですから、応援していますよ

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

身体を変化させるきっかけをつくるのは、自分です!

辻内 敬子 2017年10月19日

鍼灸院にいて、多くの出会いがあります。

また、患者様の言葉やお話から教えられることがたくさんあります。

そして、自分が来院した患者様に辛くあたっているのかも!と思うことは多々あります。そう、感じた方はごめんなさいね。

04

A妊婦さんが鍼灸院にみえた当初、あまりに他力本願だったこともあり、
私は悲しく沈み、怒り、力なくして、治療後に、自分の力不足と思いが伝わらないことに悔しくて、泣きました。

1週間後にまた治療院に見えた妊婦さんは、当初と違い大きく変身していました。

せりえ鍼灸室で、私に会い、そのときにたくさん、お話した後、悲しくなって泣いたそうです。でも、何でもやってみよう、とにかくはじめてみよう、
やってみて!と言われたことにトライしてくれました。

自分でなんでもやってみようって気になったんだって。
二人で泣いた甲斐があったよね、と、変化していく身体をみながらお話していました。

最初の、汗がでない体。涼しげにみえる白い顔。
堅く冷え切った足。
むくみも前からあったから、それが普通の状態。
妊娠したら、疲れるのも当たり前。ですよね、

22

でもお産をして、育児をしていくからだを作っていく大切なことを感じてくれたようです。

風呂はいるのが気持ち悪いなら、足湯。
冷たいものは控えたという食生活の変化。
温まる豚汁。根菜類。
大好きなパイナップルから、でこぼん1日1個程度に。
面倒だったお灸も熱心に据えてくれました。

そしたら、まるで違うよ~、体が違う。

足のむくみも違うじゃん!!

IMG_0001
はねるように元気に歩いてみえた。体が軽いって。

顔もうっすら肌色だ。

人のせいにしなくなったのも、すごくいい。

Aさんはこれからの出産も育児も、頑張れる姿に変化していました!

とってもうれしい出来事でした。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

 

出産予定日と赤ちゃんの都合

辻内 敬子 2017年10月16日

この日に産みたいという希望の妊婦さんは少なくない、

予定日が迫ってくると周りが焦らせる。だから妊婦さんも焦ってくる。

予定日近くなって不安があったり、そわそわしている時には、鍼灸をご利用ください。

鍼灸治療が自律神経の波を整えていきます。

陣痛がやってくることに期待がもてるようにお手伝いをしていきますよ。

周りは、妊婦さんを焦らせず、不安にさせずにサポートしていきましょう。

赤ちゃんが産まれてくること、それだけで十分ですよね。

妊婦さんも元気で、赤ちゃんも元気なら、それが一番ですよ。

IMG_7213

二人目出産予定のIさんは、赤ちゃんが生まれてきて欲しい日をお願いしていた。

この日は上の子の行事、この日はお父さんが留守だから、この辺りで産まれてきて欲しいと思っているの、とカレンダーをさして言っていた。

予定日はあっても、産まれてくるのは、予定日通りにはいかない。

妊娠37週から出産予定日を挟んで、妊娠42週までが正常分娩であり、

予定日に産まれてくる子は5%というようですから、予定日はあくまでも予定日ですね。

自分の都合も大切ですが、赤ちゃんの都合もあると思いますよ。

予定日近くの1日1日は長いかもしれないけれど、

予定日より早い遅いと考えすぎは控えめに!

産まれて来る日を選んでいたらその通りならよし、そうでなくてもよしとしましょう。

だって、あなた達夫婦を選んで産まれてくる赤ちゃんだから、

日にちと都合は赤ちゃんに主導権をあげましょう。

sango 1

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室