小井土院長ブログ

呼吸

こどもを観察しよう

辻内 敬子 2017年02月14日

 IMG_6174IMG_6173

子どもとの世界を楽しんでいますか?

親が足早に歩くと子どもはかけっこのようになります。

子どもの走りや歩きを見守る余裕も欲しいですね。

手を引いていては気づかないことがありますよ。

走ってくる姿に目を向け、笑顔を正面からとらえてみてね。

いい顔してますね。

子どもの顔色を見たり、しぐさを観察するにはよく見ることから始まります。

鍼灸院では、小児はりというなでる道具で、

さすったりして気持ちを落ち着かせたり

子どもの肩こりをほぐしたりしています。

こどもの呼吸が浅いと感じたら鍼灸院にご相談くださいね。

子どもと楽しく過ごす場所は遊園地でなくてもいいのです

公園で走り回ったり、草を摘んだり

子どもの目線で一緒に過ごすのが一番です。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室