小井土院長ブログ

便秘

便秘していませんか?鍼灸も試してみませんか

辻内 敬子 2017年10月19日

貴方は便秘していませんか?

毎日快便だといいですが、たまに排便する人は苦しい場合には便秘といいますね。

便秘の原因が大腸がんである場合もあります。便が長く腸管に停滞していることで、がんの発生率が高くなると言われていますから、便秘解消は大切です。

朝、空腹時のお水や白湯を飲んで、胃を刺激することで、胃結腸反射が起こります。

それが刺激となって、排便反射が起こるので、そのときに便意が出ますから、それを妨げずに、トイレにいくことが大切です。このタイミングを逃さないことです。

長く、腸管に貯めておくと、水分が抜けて固くなります。

いつも薬を使っている人、便秘がちな人、お腹が張ってしまう人、一度ご相談ください。

ストレスから便秘になる場合もあります。

押し出す腸管の力や腹筋が弱くて便を押し出せない場合もあります。

年をとると、排便が困難になる場合もあります。

お腹が苦しくなくても、便が出ていない場合には、ご相談くださいね。

いろんなタイプがありますが、食事、運動、排便行動、鍼灸をおすすめしています。

ごう国

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室