小井土院長ブログ

不妊治療で行き詰まっている時

見方を変える

辻内 敬子 2017年04月07日

 IMG_1349

上から観るか、下から見上げるか

今いるところで悩んでいるときは、

見方を変えるのもおすすめです。

たとえば、今月採卵がお休みなったということを

残念に思ってしょげているよりは

子宮のための休診日として、次のサイクルに向けてリセット!

楽しいことをして遊んでみてはいかがでしょうか?!

観覧車が見えるみなとみらいは、

雨もあがって人通りも増えてきましたよ。

51FRpgCSGLL__SX345_BO1,204,203,200_

 

 

 

 

赤ちゃんを希望する時には今の生活を見直しましょう

辻内 敬子 2017年01月07日

IMG_7601

赤ちゃんを望むカラダは、毎日の健康な身体作りから始まります。

毎日の食べているものがカラダを作っています。

夜ぐっすり眠れることで、明日の元気を蓄えていきます。

明日の新しい家族との生活を想像して

今を大切にしていきましょう。

人生山あり、谷あり、

山の頂にいる時には、ヤッホーと気持ちいい。

谷にいる時には、上を見上げて頂を目指す。

どこにいても、一歩ずつ歩いていくと目指すところに到着します。

健康も同じです。

 

 

不妊治療ができない待機の時こそ子宮温活

辻内 敬子 2016年06月23日

04

不妊治療ができない待機の時があります。

いらいらや焦りや不安がうずまきがちです。

そんな時こそ、身体を整えるために鍼灸治療がよいと思います。

病院から、次回受診まで何もせずに月経が来るのを待つ

あるいは、ホルモンなどの影響を除外するために無治療で待つ

流産後の身体が整うまで待つ時。

そんな時こそ、待っている間ではなく積極的に身体へアプローチしていける鍼灸は

まさしく、子宮温活、副作用もなく、おすすめだと思います。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室