小井土院長ブログ

不妊 鍼灸 

東洋医学で緩和しよう 女性のおすすめのつぼ 腰痛・肩こりのツボ

辻内 敬子 2018年09月28日

こんにちは

せりえ鍼灸室の辻内です。

9月24日のNHK総合で放映された 東洋医学 ホントのチカラ

ご覧いただいたでしょうか

私は録画したものを見ました。

見逃した方にも、オンデマンドで配信されていますので、ぜひご覧くださいませ。

番組の中では、肩こりと腰痛のつぼ

そして目の疲れをとるつぼ、

 

http://www4.nhk.or.jp/P5063/21/

女性におすすめのツボ

三陰交(SP6)

※内くるぶしから指幅4本分、上にあります。

関元(CV4)」

※おへそから指幅4本分、下にあります。

合谷(LI4)
 
 

■耳のツボ

 
■美のツボ
 

■疲れ目のツボ

 

西洋医学では手が届かない症状への解決策として用いられてきた東洋医学。
最新科学を駆使した研究で、続々と効果が確認。医療現場への導入が広がっています。
東洋医学の神秘に迫ります。
<出演>渡辺えり、高橋克実、土田晃之、青木さやか、仲里依紗、菊地亜美
<司会>SHELLY、青井実アナウンサー

東洋医学 ホントのチカラ~

辻内 敬子 2018年09月19日

東洋医学 ホントのチカラ~科学で迫る 鍼灸・漢方薬・ヨガ~

http://www4.nhk.or.jp/P5063/

妊娠中の逆子は、なりたくてなったものではないです。

このたびは、逆子の妊婦さんのご協力に感謝申し上げます。

逆子を鍼灸で治したいと考える妊婦さんも少なくありません。

せりえ鍼灸室では、安全に、安心に、妊婦さんの逆子はじめ、

つわりなどにも対応して、鍼灸治療を行っています。

逆子以外に、腰痛やつわり、などでも鍼灸治療を利用されている妊婦さんはいます。

この機会に、鍼灸治療を利用して、妊娠中の不定愁訴の改善と、

安産をめざしてみませんか。

なぜ、安産かというと、

冷え症という自覚がある妊婦さんは、異常分娩が多かったという報告があるからです。

冷えを解消しながら、お産にむけた体作りを応援していきたいと思います。

また、一つ一つの症状だけでなく、

妊娠中の体を元気に、心も元気にしていくことを目的にしています。

産後、子育て期も利用していただけるように、

スタッフ一同、貴女をお待ちしております。

女性が利用されている場合には、

家族の男性もご利用可能ですので、お二人で、お子様と一緒にご利用くださいませ。

 

不妊治療を利用中の方が鍼灸治療を併用されているのは、なぜ?

辻内 敬子 2018年09月18日

こんにちは

せりえ鍼灸室の辻内です。

不妊クリニックに通っている方や不妊クリニック勤務の看護師さんとお話すると

鍼灸治療を利用している方が少なくありません。

e3d9aa6b

鍼灸師としては、ご利用いただき、うれしい限りです。

赤ちゃんを抱っこすることができるように、お手伝いをしていきたいと思います。

利用されている方は

最後の手段として、あるいは、子宮の血流を期待して!と言われます。

鍼やお灸が怖かったけど、と最初は不安のご様子でした。

鍼が生体に効くメカニズムなど、研究されていますし、

今後も不妊と鍼灸の研究が進んでくると思いますが、

まだまだ、わからないことだらけで、手探り状態です。

でも、不安の緩和や、血流改善、自律神経を整えることは、体によい結果を導いてくれていると思いますので、ご利用お待ちしていますね。

 

冷えは万病の元、不妊の要因にもなるかもしれません

辻内 敬子 2018年08月24日

こんにちは せりえ鍼灸室の辻内です。

冷えは万病の元について、不妊にもあてはまると東洋医学では考えています。

それについてご説明しますね。

東洋医学は、冷えは「冷え症|という病気になる一歩手前の状態を意味しています。

万病になるから、気をつけていきましょう。冷えは治療に値すると考えています。

冷えて、体温が低下すれば、細胞中の今話題のミトコンドリアの働きが低下してきます。

低体温、低酸素、 高血糖の環境になり、がんにかかる危険性も上昇してきます。

ミトコンドリアの働きは、生殖機能の働きにも影響してくると考えられています。

冷えによって、卵巣機能が低下して、不妊症にもつながりやすくなります。

妊娠すると、冷えは、早産はじめ異常分娩にもなりやすいことがわかってきています。

冷え症の改善や治療は重要な課題となっています。

妊活お灸

東洋医学では、体を気血水が充実し、バランスよく作られ、働いているときが健康と考えます。

そのバランスの崩れた状態は、不調につながり、冷え症は、バランスが崩れた状態と考えます。

冷えは、気にのって流れている血が上手く流れなくなる状態になりますから、

血が滞ってしまっていて、温める力の気血が流れていないので、冷えが進んでいきます。

冷えは、免疫力はじめホルモンバランスの異常をもたらし、自律神経のバランスの悪化も起こります。

冷えると、体の代謝機能も落ちてくるので、同じように食べていても太りやすくなりがちです。

冷えは免疫力の低下をもたらし、自律神経失調の状態は、体調を悪化させていきます。

自律神経不安定は、情緒不安定や頭痛、不眠はじめさまざまな体調不良を引き起こしていきます。

ホルモンバランスの崩れは、月経周期の不安定を引き起こします。

月経バランスが崩れてからではなく、

冷えを自覚していたら、はり・きゅう院に相談してみてくださいね。

 funin 2

冷えていると気の巡りも血のめぐりもよろしくない?!

辻内 敬子 2018年08月24日

こんにちは 

せりえ鍼灸室の辻内です。

最近、不妊クリニックにて「不妊と鍼灸」についてお話させていただく機会をもらいました。

2018年5月のJAMAという権威ある医学会雑誌に投稿された見解では、

鍼治療は、妊娠率と出産率に影響を及ぼさなかった!という残念な結果が報告されてしまいました。

しかし、日頃の臨床を行っていると、手応えを感じる患者さまがいます。

それでも、研究になると、研究対象者をそろえたり、条件を一定にするなど、難しいのが臨床研究です。

この研究の結果の考察では、比較した群に、ばらつきが多くみられたことや、

鍼治療を希望して、途中離脱した方も多くいたということです。

もう少し解析などを待ちたいと思っています。

e3d9aa6b

気と血の話をしますね。

体の中を東洋医学では、陰陽二つの気が体内を循環しると考えています。

それらが身体を循環しているので、身体は温かくなっているのですが、

陰気は冷たいところを好み、

陽気は暖かいところが好きなので、足もとが冷えてしまいます。

冷えていると、冷たい足元から陰気は上に上ろうとせずに、

陽気は暖かい上半身から下がってきません。気の巡りが悪い状態です。

そして、血と気は一緒に巡っていますので気の巡りも悪く、

血の巡りも悪いということが起こると考えています。

気も血もよく巡って、子宮はじめ内臓を温めていることが大切です。

気が滅入っていたり、

いらいらしていることは逆上ですので、気が巡っていない状態です。

気血の巡りは、はりきゅうと散歩で、良くしていきましょう。

5148eNXNhuL__SX354_BO1,204,203,200_

冷えと不妊の関係は、冷えの程度が問題では?

辻内 敬子 2018年08月09日

こんにちは

せりえ鍼灸室の辻内です。

暑い日がまだ続きますので、エアコンで冷えますね。

また、汗をかいたり、雨にあたると、そこで冷えを体の中に入れているような気がしてきますね!

IMG_5917

現代社会では、社会環境や生活環境も変化していますので、否応なく一昔前の女性の体とは違っています。

特に、「冷えは万病の元」という言葉がありますが、冷えの改善は重要と考えます。

既に、冷えは生活の中に入り込んでいます。

薄着や冷房にさらされる期間が長く、冷たい飲食物を日常的にとっている状態では、冷えに浸かっている状態です。

冷えは免疫力を低下させ、ホルモンバランスを乱します。

そのため冷えの改善を図ることは、ホルモンバランスを整える上でも大切になってきます。

長い期間、不妊治療に取り組んでいる場合には、気持ちのコントロールが難しい時期もでてきがちです。

気持ちの流れもスムーズでないと、上だけが熱く感じたり、下半身を温める力が滞ったりしがちになると、東洋医学では考えています。

気持ちを上手にコントロールできるように、

鍼やお灸を利用していただき、自律神経系のバランスを整えてはいかがでしょうか。

施術する箇所は、足元からの刺激や腹部や腰部などを用います。

妊活お灸

体全体を始め、骨盤内の血行状態を良くするという考えで行います。

 

 

不妊の鍼のエビデンスはまだですが、血流改善とストレス緩和に!

辻内 敬子 2018年06月15日

こんにちは せりえ鍼灸室の辻内です。

昨日は、不妊クリニックにて、「不妊と鍼灸」についてお話させていただく機会をもらいました。

お話は、統合医療情報サイトに掲載されている日本の厚労省の見解を紹介し、

2018年5月のJAMAという権威ある医学会雑誌に投稿された見解も紹介しました。

最新の、スミス氏の研究結果は、

妊娠率と出産率に影響を及ぼさなかった!という報告になりました。

とても、残念ですが、

普段から、不妊の鍼灸治療には、

臨床的には、手応えがある患者さまがいるかと思う鍼灸師の先生方も、

不妊治療を行っているドクターもいるかと思います。

研究になると、分母をそろえたり、条件を一定にするなど、難しいのが臨床研究です。

この研究の結果の考察の中に、

決められた鍼治療を受けるのを拒否して、

自分から地元の鍼クリニック(鍼灸院)に通ってしまい、脱落や研究を辞退した人も少なくなかった!という点があります。

e3d9aa6b

鍼灸治療には、

ストレスを抱えている不妊患者様のストレス緩和や

血流改善が期待できます。

血流改善や自律神経の調整を介して、

脳の視床下部への影響を与え、ホルモンへの影響も示唆されています。

今後の研究を待っているところです。

ぜひ、ご自身の肩こりや腰痛の緩和とともに、

赤ちゃんが欲しいという望みを叶えるためにもご利用いただけるといいなあと

思っています。

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

人の目を気にせずに、こちらは猫の目ですからね。

辻内 敬子 2018年05月18日

IMG_7858

こんにちは  せりえ鍼灸室の辻内です

行き詰まっているときには、何でも気になってくるもの

気温ぼ変動も激しく、また月経にも翻弄される女性は特に、

いらいら感が出てきたり、にこやかになったりしています。

そんな時には、人の目が気になりがちに。

大丈夫、

みているのは猫の目ですから!!

大丈夫、大丈夫と思っていても、

やたりに周りの目を意識したり、気になってきた時には、

少し神経質かも?!と思って

鍼灸院に相談してみてください。

はりやきゅうは

自律神経の調整を図るとってもよい道具になりますし、

鍼灸師に話すことも、自分でできるカウンセリングにつながるかと思います。

 

タイプ別不妊治療中の女性のつぼ療法2胃腸が弱いタイプ

辻内 敬子 2018年04月02日

こんにちは

せりえ鍼灸室の辻内です

タイプ別不妊治療中の女性のつぼ療法その2は、「胃腸が弱いタイプ」です

春は特に、体が動き出す季節でもありますから、最近胃腸がもたれる、胃が痛いなど、

浮腫みもあり、体が重いなあ~なんて、感じていませんか?

生野菜が多い方は、少し控えましょう。

そんなタイプの方は、肥満にもなりやすい状態でしょうか。

生野菜では、体の冷えを呼びます。また、エネルギーを産生できにくいので、体は痩せません。浮腫みも起こりやすく、下痢や便秘、腹痛が起こりやすくなります。

東洋医学では、胃腸が弱いという時には、消化器は、口から肛門までを消化器系と考えています。

目標は、むくみを追い出し、体を循環を良くするように働きかけていきます。

そんな時の、つぼ療法は、胃腸を整える「足三里」をおすすめします。

その他にも、お伝えしたいつぼが沢山ありますが、その方のタイプに応じて、

もう少し詳しく知りたい方、私のつぼを教えて欲しい方は、鍼灸院へ相談しましょう。

せりえ鍼灸室では、鍼灸治療の他に、

鍼灸が不安な方、怖い方には、マッサージも行っています。

マッサージは、気持ちよいですね。癒しだけでなく、せりえ鍼灸室のマッサージは治療も兼ねていますので、ご相談ください。

お灸のつぼ指導も行っていますので、ご利用ください。

縺帙j縺磯詐轣ク雉ェ讒倡判蜒・6DS_6307

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

疲れやすく、手足がほてるタイプの不妊の方には

辻内 敬子 2018年02月06日

こんにちは横浜市中区にある女性のためのせりえ鍼灸室の辻内です。

今日は、立っていると疲れやすく、夜眠っていると手足が火照るタイプの不妊の方へのおすすめのお話です。

e3d9aa6b

手足がほってくる症状の他に、

寝汗をかきやすい、

のどが乾く

疲れると耳鳴りやめまいがする

皮膚につやがない、

髪の毛につやがない、抜け毛が多い、などの症状もでていませんか

月経は

月経周期が早まってきて、月経日数も短くなってきがちに。

そんな時には、東洋医学では、「腎陰虚」というタイプに分類されると思います。

元気を持ち上げ、子宮の働きを強くするために、漢方薬も処方され服用している人も多いと思います。

私がおすすめするつぼ療法は、

腰のウエストラインの腎兪(じんゆ)

足の内くるぶしとアキレス腱との間にある太渓(たいけい)

というつぼへの指圧がおすすめです。

痛くなく、気持ちよい程度に押してくださいね。

押す時間は2~3分で十分ですよ。

更年期はじめ、不妊の鍼灸治療から妊娠、妊娠中、産後ケアにも力を入れています。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室