小井土院長ブログ

むくみ

ガス腹、頭痛、むくみが気になったらお灸ですよ!鍼灸室にご相談くださいね

辻内 敬子 2017年09月16日

こんにちは。

不妊の鍼灸はじめ妊娠、出産、産後の鍼灸治療を行っているせりえ鍼灸室の辻内です。

IMG_3880

妊婦さんのつぼ療法&お灸教室に参加してくれた22週の妊婦さんの感想を紹介します。

お腹に便が溜まっている感じの時には、ガスがたくさんでるし
吐き気もしてくる。
そして、頭痛がひどいという状態で見えました。

対策として、自分では水分摂取をしていました。
そしてプルーンを摂っていますが改善のきざしはなく
困っていました。

足先は冷えているし、のどの乾きもあるので
水分はたくさん摂っているそうです。
その割には、皮膚はかさかさしてしまっているのがご本人の気になっている症状でした。

どこが問題だったかというと、私が気になった状態は、むくみでした。

むくみを改善するために、つぼ療法は
「陰陵泉いんちょうせん」というツボを使ってもらいました。

生活改善としては、冷たいものをがばがば飲まないように
お伝えしました。

ガスや便は、体の重たい状態が改善してきたなら
腸も内臓も元気に動きだすと思いますよ~

そんなように伝えながら、お灸をしてもらいました。

その直後の感想では、

初めて、お灸をしましたが、その即効性に驚きました。
むくみがかなり改善しました。
これから、毎日続けて楽しい妊娠生活したいと思います。

うれしい言葉でした。

心配なことや当たり前だから我慢しなさいと言われている症状でも気になったらご相談くださいね。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

妊娠するとむくみは普通か?

辻内 敬子 2017年05月21日

妊娠すると体が重くなる。

足もむくむ。

よっこらしょ、と動くのが普通ですよね?!

それが妊婦の当たり前と思っていませんか?

いつもこんな足です、

これが私の普通の足ですと答える方が多いです。

そんなことはないですよ~

浮腫1

妊婦も元気印が一番です。

臨月に入ってもスタスタ歩けることをめざします。

41C-gP6ZRrL__SX356_BO1,204,203,200_

スタスタ歩けて、足の親指に意識を集中してあるけば
ペンギン歩きもしないはずです。

それなのに、妊婦の当たり前がまかり通っている妊婦さん。

足のむくみもずっと続いているし、足首がなくなるほどのむくみも

当たり前と思っていた。堅いむくみだから検診でチェックされていない。

だるくて、疲れて、腰も痛かっただろうに、それも当たり前と思っていたし

毎日だったから、この状態が私の日常だったという。

そんなの違うよ。悲しい妊娠生活送らないでね。

体も気持ちも軽く、楽しく、うきうき妊婦生活してくださいよ。

「やっと、足首が見えてきて、私の足細くなったみたい!」ってそれむくみがとれたのよ。

「寝返りが楽になってきたのは、臨月だから?かな、」それもあるかもしれないが
足の硬さがとれてきて、体を支える足が元気になったからですよ。きっと。

どれが当たり前か、わからなくなったら、
膝から下を夫にマッサージしてもらいましょう。
そしたら、愛する妻の足の変化を夫も気づいてくれるかな?

からだを支えている足の大切さを、意識してみてくださいね。

当たり前と感じていたら、リセットしてみてくださいね。
本来のあなたの体ってどんなんだったけ?軽くて元気だったはずですよ~

せりえ鍼灸室に相談くださいね。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

むくみの続き、妊活のお手伝いしています

辻内 敬子 2017年04月10日

今年は桜咲く妊活にしたい、と、お手伝いしています。5148eNXNhuL__SX354_BO1,204,203,200_

むくみは夕方だけむくむという方もいますが、

筋肉質の足ですという方もむくんでいる場合があります。

むくみには、水の代謝がよくないと感じる人、

雨の日や湿度の高い日が苦手なタイプ、

乗り物酔いをしやすい状態の人も、

汗をかきにくい人もむくみをため込んでいる場合があります。

水分をよく摂る人は、のどに痰がからむなどの人もむくみと考えます。

足のむくみも目安としていますが、

お腹が冷たい、太ももが冷えるのも、むくみがある証拠です。 

胃腸が弱り、水分代謝ができていない状態も考えられます。

下半身が冷えやすいも、むくみやすい人がなります。 

私たちは、鍼灸治療で改善していきます。

普段から利尿作用のある食べ物やお茶を飲むこともよいですね。

はとむぎ、冬瓜、くろまめ、おすすめします。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室