小井土院長ブログ

お灸

ガス腹、頭痛、むくみが気になったらお灸ですよ!鍼灸室にご相談くださいね

辻内 敬子 2017年09月16日

こんにちは。

不妊の鍼灸はじめ妊娠、出産、産後の鍼灸治療を行っているせりえ鍼灸室の辻内です。

IMG_3880

妊婦さんのつぼ療法&お灸教室に参加してくれた22週の妊婦さんの感想を紹介します。

お腹に便が溜まっている感じの時には、ガスがたくさんでるし
吐き気もしてくる。
そして、頭痛がひどいという状態で見えました。

対策として、自分では水分摂取をしていました。
そしてプルーンを摂っていますが改善のきざしはなく
困っていました。

足先は冷えているし、のどの乾きもあるので
水分はたくさん摂っているそうです。
その割には、皮膚はかさかさしてしまっているのがご本人の気になっている症状でした。

どこが問題だったかというと、私が気になった状態は、むくみでした。

むくみを改善するために、つぼ療法は
「陰陵泉いんちょうせん」というツボを使ってもらいました。

生活改善としては、冷たいものをがばがば飲まないように
お伝えしました。

ガスや便は、体の重たい状態が改善してきたなら
腸も内臓も元気に動きだすと思いますよ~

そんなように伝えながら、お灸をしてもらいました。

その直後の感想では、

初めて、お灸をしましたが、その即効性に驚きました。
むくみがかなり改善しました。
これから、毎日続けて楽しい妊娠生活したいと思います。

うれしい言葉でした。

心配なことや当たり前だから我慢しなさいと言われている症状でも気になったらご相談くださいね。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

お尻の悩み、「痔」の時は便秘や下痢の改善も必要です

辻内 敬子 2017年09月16日

こんにちは、

せりえ鍼灸室の辻内です。

痔は便秘の女性だけでなく、下痢をよくする男性にもみられますね。

便秘や下痢に「痔」はつきもの。

食物繊維を摂ることが少なくなっている現代人。

さらに椅子に座っている時間が多く、お尻周囲の血行も悪くなっています。

そんなこんなで痔がでてしまう。

IMG_3852

妊娠中には、痔になる妊婦さんも少なくありません。
お産をするときに、「痔」になってしまった女性も少なくありません。

分娩時には、いきみが入るので、助産師さんがしっかり押さえて介助してくれていますね。

夫くんに背負われて見えた妊婦さんがいました。
痔がでてしまって、何しても、どうしても治らない。
苦しむこと1週間。薬ももらって塗ったそうです。

お尻の悩みは恥ずかしいからと、やって治療室にお見えになったのですが、痛みで歩けなくて、おんぶされて見えました。

ご自宅では、はいはいで移動しているとのことです。

肛門様は、菊の花のように飛び出して花開いた状態だそう。

冷えも大敵だから、足を温めながら、頭にお灸。
頭のてっぺんに百会(ひゃくえ)というツボがあります。

そこへお灸(直接据えるお灸です)をしていきました。
頭のてっぺんとお尻の穴、通じていると考えているんですよ。

痔が気になってきたら、頭のつぼを押してみて下さい。

姿勢を正して、頭のてっぺんとお尻の穴に意識を集中してみる時間ももうけてみてね。
お尻に手をあてて、気を送って、
ひっこめ!戻してあげる!と手からのパワーを送ってみてください.

奥様がせりえ鍼灸室をご利用いただいている場合には、

男性でもご利用が可能ですのでご相談ください。

お待ちしております。

お尻にはお灸はしません。

あなたのお腹、冷たくはありませんか?

辻内 敬子 2017年05月21日

女性のお尻は冷たいもんだと思っていませんか?

脂肪の多いお尻は温まりにくいものです。

お腹はほかほかですよね。

お腹はいつも温かくですね。大事な内臓器を守っているのですから、

赤ちゃんを作りたいも、赤ちゃんを育てているのも、あなたの骨盤内の臓器です。

 

図3

お尻も温かくして欲しいのですが、

お尻は脂肪が多いからなかなか温まりにくいですね。

それには、デカパンツ、腹巻き、二枚履きetc.

お灸、

IMG_3898

お風呂で半身浴

できることから始めよう

お尻は歩いた後、歩いているときに触れてみて下さい。

温かくなってきたら、よい歩き方していますよ!!

お尻が温かくなると、歩いていても脂肪の燃焼もよくなります。

ダイエット効果もあるというものですよ。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

 

 

 

辻内 敬子 2017年01月21日

 IMG_6069IMG_6075

カンガルーフェスタに行ってきました。

バースあおば10周年

カンガルーの会25周年の記念イベントです。

カンガルーの会の歴史は古く、神奈川でお産を取り扱っていた母子センターが廃止になるということでお母さんたちが立ち上がって、廃止阻止の運動を行いました。

廃止になった後は、さらにお母さんたちの要望と募金活動や運動で、

バースあおばができました。すでに20年、新しい助産院になって10年。

その間、「安産のお灸教室」をずっと利用してくださいました。

大勢のお母さんと子どもたちが参加していました。

地域に根ざした助産院で、新しい家族が誕生し、つながっていると感じました。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

12月のお灸教室

辻内 敬子 2016年12月08日

IMG_5674

今年やり残したことは?と聞かれて、お灸教室のご案内を忘れていました。

せりえの今年最後のお灸教室は12月は15日です。

妊活お灸、妊婦さんお灸、両方、あります。

あと3週間で新年です。

まだ、参加したことのない人、お灸してみたい方!

目の前の出来事に追われてしまいがちですが、

先も見通して、行動しましょう。今、やる、お灸が大切です。

今年まだやり残している健康作りのアイテム、お灸教室でお待ちしています。

銀杏の木も落ち葉の黄色も目に鮮やかです。

周りをみる余裕も持っていてくださいね。

せりえ鍼灸室:スケジュール・お申込はこちらから!

第65回全日本鍼灸学会(北海道大会)せんねん灸セネファランチョンセミナー

辻内 敬子 2016年05月28日

IMG_3897

第65回全日本鍼灸学会(北海道大会)せんねん灸セネファランチョンセミナー

今年の学会では、お灸で知られているせんねん灸さんのランチョンセミナーを担当させてもらうことになりました。

講演内容:妊娠期におけるお灸の安全性とリスク管理について

講   師:辻内敬子先生(せりえ鍼灸室)

座   長:形井秀一教授(筑波技術大学)

講演日時:平成28年6月11日(土)12:00~13:00

太陽灸のおみやげ付き

IMG_3869

 

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室