小井土院長ブログ

おっぱい

冬の授乳は背中や腰が冷え、肩こりします

辻内 敬子 2017年01月16日

bonyuu

冬の授乳は、背中や腰が冷えますね。

冷えるといおっぱいの調子も今ひとつになる人も。

また、寒いので肩も丸めて、肩こり、こり、懲り。

背中の懲りや肩こりをほぐしに、

おっぱいの調子を万全にするためにも

鍼灸室でお待ちしています。

横浜でマタニティー鍼灸や産後ケアを行っているせりえ鍼灸室は、

ねんねの赤ちゃん連れでも、治療が出来ます。

せりえ鍼灸室:ご予約・お問い合わせはこちらから!

おっぱいは最初の3日間を頑張って

辻内 敬子 2016年04月13日

aki

おっぱいは妊娠中からの手当と出産後に赤ちゃんに吸わせる刺激が大切!
おっぱい先生のお話です。今も代わりません。
 
出産直後から、赤ちゃんが力強く吸ってくれることで、
 
少しずつ分泌が高まり、母乳が分泌されるようになります。
 
やっと安心して、おっぱいが出てきました!と言えるのが出産後の3~4日目ですから
 
それまでは、不安にならずに吸わせる刺激が大切なんですって 😉
 
3日間は、赤ちゃんはお弁当と水筒を持って生まれてくるから、
お母さんは何も心配しなくてもいいようにしてくれている。
だから、その間、一生懸命吸わせる刺激が大切なんですよ!
 
初めての子育ての時、赤ちゃんが泣いている時には心穏やかにはいられません。
泣いている子を前に、おろおろしています。そんな状況は誰にもあります。
 
お母さんのおっぱいがよく出るようになるには、赤ちゃんに吸ってもらることが一番!
 
しかし、
分娩時間が長かった、力を使い果たした
出血が多くかったなどの際には、
今はおっぱいも製造しつつ、自分の体に使って立て直し中。
体は頑張っていますよ、
赤ちゃんを前に、自分の気持ちは焦ってしまいますが、もう少しです。
 
自分のお産の疲れも回復していきながら、
おっぱいの分泌も上がってくると待ってあげてくださいね。
その際には、吸わせ方、おっぱいのくわえさせ方、そして抱き方など赤ちゃんにとっても
お母さんにとっても、快適な方法がいいですね。
 
そんな時期ですから、母乳外来や助産師さんの相談はかかせません。
 
そして、鍼治療は肩こりや腰痛をはじめ、痛いを取り除き、体の血流をよくしていきます。
 
鍼治療をするとすぐにぱーーんと分泌不足解消とまではいきませんが、
おっぱいの分泌にもよい影響を与えます。 
 
体の状態に合わせて、おっぱい育児ができるように
周りの人にお手伝いをお願いすること
 
そして、自分も大切にしてもらって、赤ちゃんを育てて欲しいと思います。
だから、お母さんが幸せであることが大切です。
 

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせフォームはこちら

ページトップへ

プロフィール

profile_01

せりえ鍼灸室院長
小井土 善彦
現代はストレス社会と言われていますが、その「ストレス」という言葉の由来は、1936 年頃、カナダの生理学者ハンス・セリエ氏(Hans Selye)が発表した「ストレス学説」にあります。 セリエ氏は一定の「ストレス」を感じると、体に一連の症状が現れることを発見しました。...

続きはこちら

辻内敬子

せりえ鍼灸室副院長
辻内 敬子
私たちは、女性の元気と美しく輝く人生を応援しています。貴方が母となることを選択した時から、そして妊娠した時から、幸せに満ちた人生のために、体と心 のケアを行います。 妊娠したらゴールではありません。妊娠期間中に出産準備のための体作りが必要です。...

続きはこちら

  • せりえ鍼灸室